節約

【節約】何から始めたらいい?*まずは支出を3種類に分けてみよう!


葉っぱと鉛筆


貯金ができるようになるには
支出をコントロールする必要があるのは周知のことですが、
上手に支出をコントロールできる私流の考え方を書いてみたいと思います。


ベージュライン

 我が家では支出をこのように分けて考えます。

 ■消費(日常生活で最低限必要な出費)
 ■浪費(自分の収入に合わない贅沢な出費)
 ■投資(のちの利益のために先に払っておく出費)

ベージュライン


皿-タワー


2人家族で収入20万円前後(賃貸在住)を想定して例えを書いてみます。


■■■消費■■■

日常生活に必要な品を収入にふさわしいお値段で買うことです。 (例)1品150円前後で野菜を買う。    1本300円程度のシャンプーを買う。    1着3000円程度の洋服を買う。    など。

■■■浪費■■■

自分の収入に合わない高価で贅沢なお品を買うことです。   (例)収入に合わないデパ地下惣菜やお取り寄せ食材を買う。    今日は特別と1本3000円のシャンプーを買う。    年に何回も買うものじゃないしと2万円の財布を買う。    など、だと思いますが、    「今日は特別。」「今日は例外。」「自分へのご褒美。」       という考え方は、生活に楽しみを持たせるためには    とても大切な考え方でもあると思います。    節約のために僧侶の修行のような    ストイックな生活をする必要はないと思いますし、    私がそんな生活を強いられたら、    心のリバウンドで逆に浪費してしまいそうな気がします。    ただ、貯金ができない人は「今日は特別。」の    回数と金額が多い傾向にあるような気がします。        「特別な日」は予算と頻度を決めておくのが浪費をふせぐコツです。        大好きなケーキは週に1回・1000円以内    外食は1ヶ月に1回・5000円程度、    外食しない月はお取り寄せグルメしてもよい    家族旅行は1年に1回・5万円以内    といったように頻度と予算を決め、    カレンダーに書き込みながら管理すると    「特別(プチ贅沢)予算」の管理が簡単になります。    

■■■投資■■■

のちの利益のために先に払っておくお金です。 まず、最初に申し上げておきますが 素人の株・為替・先物などの金融投資はおすすめできません。 その理由は後日お話するとして、私がオススメする投資方法は 「身近な先行投資」です。 (例)いつも行くスーパーのポイントを貯めるために    ポイントカードを300円で作った。    資格を取るために学校に行く・教材を買う。    など、身近でできることで、    払った金額以上の価値が生まれるお金の使い方です。 我が家での先行投資は、ちょっと変わっているかもしれませんが ■ ルンバ(全自動掃除機) ■自動食洗機(食器洗い)を買うということでした。 どういうことかというと、この2点を買ったことで家事の負担が劇的に減り、 私の収入をずいぶん増やすことができたのです。 この2点は、ずいぶん前に買った物ですが、 今でも夫と、頻繁に「本当に買っておいてよかったね~。」 という話になるくらい必要不可欠なお品となっています。 節約には限界があります。 限界まで節約したら、後は収入を増やすしか貯金できる道はありません。 節約習慣が身についてきたら、 自分の【お金を稼ぐ能力と環境】を作るために お金を使うことが私のオススメです。 ◎我が家は、こういった考え方のもとに支出が管理されていますが、  みなさんもご自分の家計に合った支出のとらえ方が見つかるといいですね-☆ キッチンツール

どうして私は貯金ができないの?■貯金ができる考え方

3匹の熊


かつての私自身も含めて、「貯金ができない人」の考え方には
ある、初歩的な間違いがある場合が多いようにかんじます。

どこがどう、どう、間違っているのかをシリーズで書いてゆこうと思います。 


【1回目】は収支の基本です。

貯金できない人の多くが、お給料をある程度使ってから、
残ったお金を貯金しようとします。
これが、そもそも「貯金のできない人の行動」なのです。

???

何を言っているの?と、思われる方も多いと思います。
貯蓄をするための考え方の基本は

収入-支出=貯蓄 ではなく
収入-貯蓄=支出

なのです。

つまり、お給料をもらったのち、生活費を使って、
残ったお金を貯金しようとすると、貯金するお金が残ってなかった
ということになりやすいのです。

給料をもらったら、すぐに貯金する金額を貯蓄口座などに分けてしまったり
定期に入れて、ちょっとおろすのが面倒な状態にして
よっぽどのことが起きない限り、使えないような状態ににしておきます。
そして、手元に残ったお金で生活すること。

これで確実に貯金ができます。


ポット草


私が一人暮らしをしていた頃、1ヶ月に10万円貯金していましたが
上記の方法をとっていました。
先取り貯金をするまでは、節約してお給料日まえに多少のお金を残せても
ちょっとくらい使ってもいっか( ̄▽+ ̄*)とか
頑張った自分へのごほうびo(^▽^)oなどと
自分に言い訳をして、結局、使ってしまっていました。

人間、給料日前に自由になるお金が残っていると分かっていて
使わないでいられるほど強くないのだとおもいます。
少なくとも私は使わないではいられません( ̄ー ̄;

私のように意志が弱く、計算が苦手な方には
この先取り貯金をおすすめします-☆


虹




大豆の水煮は手作りしています*ブランド大豆とよまさり

 先日、夫がミネストローネ(私のレシピは豆入りなのです。)を作ってくれたのですが、スーパーで買ってきたレトルトパックの大豆の水煮を何の処理もせずにそのまま入れて煮込んだため とってもえぐいお味のミネストローネが出来上がってしまいました。


おや!
 

 市販の水煮商品は、なんだかあやしげな水に漬けられていますよね。 ワタクシ、高級なお店から、そうでないお店まで、飲食業に勤める機会が多かったのですが、 安価な商品を提供するような飲食業では 食品を長持ちさせ、きれいに見せるために、 どうしても「食品用漂白剤」や「食品用消毒剤」に 素材を漬けこまざるを得ない食材もあります。


 ですので、安価な水煮商品もそういった処理をされている可能性も否めません。法律上で安全性をクリアしている薬品に漬けていることが前提ですから、安全性についてとかやく言うことは私にはできません。

 
 ただ、私が「水煮商品」全般に感じるのは、下処理をしないで使うと 「水煮商品」の「えぐい」お味が料理全体に行きわたってしまうということです。ですから、私は水煮商品は、あまり使いませんね。たけのこくらいですね。たけのこは下処理が大変ですし、店頭に置かれる季節が決まっていますから、チンジャオロースーを作るときや、ゲーンキョーワン(タイカレー)を作るときは、水煮のたけのこを使っています。


キッチンツール


 我が家では基本的には水煮商品は買わないのですが、同居人が間違って買ってきてしまった場合などは、浄水器を通した水で2~3回ゆでこぼして 「えぐみ」を抜いてから使っています。そんな手間をかけるくらいなら、最初から自分で煮た方が早いですよね…

 
 ということで、我が家では「大豆の水煮」は、自宅で作って保存食として活用しています。

大豆の水煮

 このように大豆は自宅で煮てストックしておきます。2日以内に使う分はタッパーに入れ、水に漬けて冷蔵庫で保存しておきます。 2日以内に食べきれない分はつけ汁を捨てて、 水に漬けずに冷凍して保存します。

 
大豆大人買い

 字が小さすぎて見えないかもしれませんが、我が家ではいつも 「とよまさり大豆」というブランドの大豆を楽天市場で購入しています。 一枚目の写真のタッパーに入っている「自家製水煮」の写真は、この「とよまさり大豆」を煮たものですが、つやがあり、ふっくらした感じが伝わるでしょうか?


上手に煮ることができれば、ほくほくとしてとってもおいしい商品です。 私のお気に入りのお店は「豆・雑穀の専門店 すずや」さんです。


 乾物なので日持ちしますから、見てのとおり、大豆は、一キロのお品を、いつも大人買いです。大豆を柔らかく煮るには、けっこう長い時間火にかけなければいけないので 「光熱費が高いのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、我が家では5分で煮込み料理*シャトルシェフで紹介したシャトルシェフという保温鍋で、手放しで煮込んでいます。圧力鍋ではなく保温鍋なので光熱費が少なくて済むので、時間もお金も節約できています。長時間の調理でも、火にかけるのは最初の数分だけなので、高熱費は安定して少ない水準をたもっています。 乾物はとっても優秀な保存食なので、上手に活用したいものですね。

 

■↓楽天市場でお買い求めの方はこちらからどうぞ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大豆 1kg 平成28年 北海道産 とよまさり
価格:675円(税込、送料別) (2017/4/5時点)

夫/旦那は妻が育てるもの■夫の出世は妻しだい【2】


男の子-かげ


前回の記事は
夫/旦那は妻が育てるもの■夫の出世は妻しだい【1】
で、どうぞ。


■私が夫のビジネス家庭教師になった

 社内・社外メールの書き方、敬語(丁寧語、謙譲語、尊敬語の使い分け)、ちょっとした英語(コンプラ・プライオリティーなどなど、最近は日常会話に英単語が多様されるのでね…)オフィス内での暗黙の了解的なこと、夫が家に帰ってきたら、毎日毎日教えました。毎日、夫の帰宅後2~5時間は夫の話を聞き、この人に対しては、このように振る舞え、その人物はこういうタイプの人だから、こういう方法でいうことを聞かせろ(下手に出ろ、おだてろ、力でねじふせろ、などタイプ別に。)とか、社内の人間関係の機微も教えこんでゆきました。  今でも、夫の会社の部下・同僚・上司の家族構成や、性格、考え方の癖まで、全部知っていて、問題が起きたら私の頭のなかのコンピューターで、これらを総合的に解析して、夫にアドバイスしてます。ちなみに、出入り業者、関係企業の人の性格まで把握してます(笑)  最初の頃は、社内・社外を問わずメールは一旦私に転送させ、添削をして送り返し、それを清書として実際に送信してもらいました。最初の頃の夫のビジネスメールは何が言いたいのか全く分からない文章な上に、自分の心情ばかりを書いた「個人的な日記?!」とツッコミみたくなるような報告文章。「これじゃ伝わらん!てか、伝えたいことが1行も書いてなくて、あなたの気持ちしかかいてないじゃん!」という摩訶不思議な文章で、大人として本当にこんなことがあるのか?と疑うようなひどい内容。「何の感想文?」と、本当に、そんな感じ。それを見ただけで、この男、会社で何をしでかすかわからないから危険だ、と思ってしまったので、社内で問題が起こったときは、すぐさまトイレに行くふりをして私に連絡をするようにしてもらいました。そしてその都度、メールの添削をしたり、起こった問題に対する対処法・根回しの方法を教えました。  そして、5年が過ぎ、派遣で働いていた会社から「正社員になってほしい。」と声がかかりました。派遣で働いていた時のオファーですから、夫の業務能力・人間性を認めてくれたのだと思います。 考え中

■妻が夫を育てると喧嘩が増える

 正直、夫を育てていたときは地獄でした。なぜなら、男は女にとやかくいわれると腹が立つものだから。私が夫の仕事のやり方に毎日毎日、いちいち意見するので、腹をたてた夫に毎日のように怒鳴られていました。ですが、夫も私が言ったとおりにすると何故かいろんなことがうまくいく、ということを悔しいながらも(笑)受け入れてくれるようになってゆきました。  私の言うことをきかないとうまくいかない、私のいうことを聞くとうまくいく、という因果関係がはっきりしてきたので、女に指図されて悔しいことよりも実益をとるようになったのです。そして、最近は私がいちいちアドバイスしなくても、これまでの経験とデータの蓄積からある程度、いろんなことを自分で判断できるようになってきました。最初の頃のひどさを考えると5年ぽっちで、そこまで出来るようになった夫はミラクルかと…人間、やればできるものですね。 男女ハグ

■感謝と尊敬の気持ちで助け合おう

 人間は何歳になっても成長するものなのですね。収入0の夫でも家族が支えれば、そこそこ稼げるようなるのです。私自身としては、できれば、一番一緒にいる時間の長い妻が、指導するとまではいかなくても、会社の愚痴くらいは聞いてあげたほうがいいいのではないかと思っています。そして、愚痴を聞くときは、自分の意見などは言わず、ただ黙々と聞いてあげるのがコツ。  前回の記事のように、夫の給料が少ないと不平不満を言っている妻たちの中には、夫より稼いでいる金額が少ない人もざらにいます。自分よりも高い給料を持って帰ってきてくれる夫に対して感謝の気持ちこそ持て、どうして不満を言うことができるのか、理解に苦しみます。金額がいくらであれ、きちんと家にお金を入れてくれる夫に感謝と尊敬の気持ちを持ち、謙虚な気持ちで自分や夫の収入を上げる努力をしたいものです。