節約

私のお気に入り商品

  • ■□ 食品 □■
  • *大豆-とよまさり
  • *麹(こうじ)-塩屋の米糀

我が家の節約法

  • 水道代の節約
  • 電気代の節約
  • ガス代の節約
  • 食費の節約
  • 娯楽費の節約
  • 住環境の節約
  • 車は持たない

最新の記事

RSS購読

私が女を捨てなくてすんだ理由

考え中

■救いの一言

前回のお話はかわいいといじめられちゃうんで…(笑)で、どうぞ。

でね、若い頃、賢い彼氏ができてね、
「女は好きな男だけに、かわいいと思われればいいんだよ。」とか
「女は好きな男の前だけで可愛くしてればいいんだよ。」って
教えてくれて、はげましてくれたんですね。
だから、「女を捨てる」ってところまでは追い詰められなかったんです。

「惚れた男の前以外では」女をやめてたって感じです。
だから、イスラム教徒の女性が衣装で肌を隠さないと生きにくい的な感覚が
私、分かるんですよね。

もう、そっからはふっきれましたね。ええ。
女って、モテたら困ることも増えてくるんですよ。
ストーカー殺人的なことですね。世の中の「オバチャン」たちは
そうやってはじけていくんじゃないかと思うんですね。
イスラム教女子の衣装の代わりに、「オバチャン」という着ぐるみを
着るしかなくなってくるんでしょうね…


mat-イスラム風


■支えてくれた人たちに感謝

私は恵まれていて
「私、ダメ人間なんだ…」って自分を追い詰めてしまった時に
彼氏か親友か、その時々で違うんですけど、必ず一人は
「いやっ!違う!くるみはくるみのままでいいんだ!」的なことを
言ってくれる人がそばにいたんですね。どんなにおろかなことをやっていても。

もっと正確に言うと
「基本路線はそのままでいい、ただこういうことをやるのはやめなさい。」
とか、「こういうことだけは、やっておきなさい。」ということを
教えてくれたんですね。(例えば卒業したらすぐ海外に住みなさい、とか)
だから、そういう人たちの前ではチョー可愛い、少女にもどれるんです。
40過ぎた今でもね。

少女に戻れる瞬間、少年に戻れる瞬間があるかないかって
心のゆとりにずいぶん関係があると思うんです。
逆に、そういう心のゆとりがあれば
お金がかなり少なくても、心にわだかまりが少ないんですね。

今は夫がその役割をしてくれてます。
そういう人が一人でもいてくれてると、過労(仕事や家事)で病みはしますが
意外と性格破綻にはならないんですよね。

「病(やまい)」は治りますが、「性格破綻」は考え方の積み重ねですから
治すのは大変だろうな~と。叱ったり、心配してくれた友人知人に感謝です。

かわいいといじめられちゃうんで…(笑)

matはりねずみ


前回の記事は私、可愛げがないんです(笑)でどうぞ。

そうすると、男や大人に「ナメられない路線」しか選べる道がなかったんです。
職場で勝手に私に対する恋愛感情を持つ男性があらわれたりして、お断りなんかしたら
「あの子は、誰とでも寝る女だ。」みたいなうわさを
流されちゃったりするんですね。イジメは大人の世界のほうが知能犯ですから。

もっというと会社組織のいじめって
「男が女をイジめる」「女が男をイジめる」ときより
「男が男をイジめる」「女が女をイジめる」時の方がえげつないんですね。
同性どうしだと、やっぱり自分と比べちゃいやすくて、嫉妬しやすいんでしょうね。
「ポジション争い」なんかが絡むと「いじめ」がはるかにえげつなくて壮絶で、
社内イジメで病む人って結構いるんですよ。ええ。辞める人もいれば、
家族や友達の支えで復職する人もいるんですが、これは長期間休職させてくれるだけの
福利厚生のある会社でないとね。なかなか難しいは難しいですね。


bouzかじったりんご


■いじめてくるのは男だけではない

会社組織で、女が「かわいい」「きれい」「有能」とかの条件がそろっちゃうと
女社員たちからの足の引っ張られ方もハンパないんですね。(私じゃないよ。)
「出る釘は打たれる」ということわざがありますが
「出る女は、男からも女からも打たれる」的なことわざもあってほしいと思う。
女性が心の準備をしてから、社会に飛び出せるようにね…

そうなってくると、「女をやめる」しか選択肢がないんです。
男になって、男とお酒飲んでゲラゲラ笑って男友達感覚になる。
そうなると、やりやすいんですね。だから、恋愛感情抜きの男友達も
けっこういるんですね。
数十年の男友達でも私を本当に男友達感覚で見てる人もいるの。

bouz花を持った男子

吉永小百合さんとか美智子妃殿下とか上品なご婦人のままでいられる人は
「裕福」であることの他に、ものすごく優秀な人材が、しかも何人もの力で
がっちりと周囲を「支えてくれる」「守ってくれる」という体制でないと
無理だと思うんです。女を支える中心自分物は「夫(彼氏)」が望ましいかと。

そりゃ~うらみましたよ。上品な女性たちをね。
「いいな~。そんなのお金持ちだからできるんだよ!!」
「お金持ちのお嬢さんは、苦労しなくていいから、いいわね!」
みたいな嫉妬が、憎しみに変わる瞬間って、誰にでもあるんじゃないかな?
少なくとも私は、すごく、すごく、すごくあったと思います。

地位の高い人には地位の高い人の苦しみがあるって
本当の意味で分かったのは、ずいぶん大人になってから…
本や漫画で知ってるつもりになってたんですけど、知識は所詮知識にすぎない。
「人間は自分が体験したことしか(本当の意味では)分からない。」が
最近の私の口癖です。

でね、… 私が女を捨てなくてすんだ理由へつづく。

私、可愛げがないんです(笑)

■男っぽいを通り越して

タイトルどおり、私、かわいげがないんです。あはははは
どのくらい可愛げがないかというと、
遠目に見ると男に見えるくらい、暗い所だと男と間違えられちゃうくらい
男らしい感じなんです。あはははは
特に最近は、正しい姿勢に気をつけてるから威張ってみえるんですね。
さらに白髪を染めませんから、いい感じで貫禄が出てきてるんです。
後は肩幅が広いとか、太ってるとかかな?

最近、新しく知り合う人に言うと必ずウケるネタがあるんです。
「私、見た目は女ですけど、中身おっさんですから。」です。
これを言うと、必ずみんな笑ってくれて距離感がぐっと縮まるんですね。
と、いうことは? みんな、そう思ってるんです。

考え中


■なんでこんなふうになったんだろ?

いや、なんで自分でこんなに外見も中身もおっさんになったか
考えてみたんですね。
そしたら、女性差別が原因だったような気がするんです。
もう、これ具、体例を言いはじめたら、きりがないので書きませんが、
女が一人で生きていこうとしたら、必ずナメられる時代だったんです。

特に私は10代から一人で社会人+学生をやらなければいけなかったので
まあ、学生はいくら偏差値の高い大学でも「世間知らず」ですから
子供の頃から大人の闇の部分を見てきた私をだませるってことはなんです。


matはりねずみ


だけど、怖いのは大人なんですよね。まあ、男子学生も女をナメてる子も
多いんですけど、学生にナメられて困ることなんて、何にもないんですね。
だけど、社会人の部分で「女だてらに」「女のクセに」「女らしくない」
的なことで男に嫌われると、働くのがとっても大変になっちゃうの。

女を利用し、従えたい男はいっぱいいるし、おっぱいやおしりを揉まれるとか
むりやりチューされるとか、帰りにつけられて、家がばれて
花束が家の前に置いてあるとか、怖いことばかりでした。

私は20年一人暮らしですから、自分の身は自分で守るしかなくて、
同じ地獄から這い上がろうとしている子たちとは助け合いましたが、
実家暮らしでのんきな人たちが、ねたましくてねたましくて、
結構、攻撃してました(  ゚ ▽ ゚ ;) あと、仕送り10万円~20万円の子も
攻撃してました。嫉妬やねたみって、攻撃に変わりますσ(^_^;)
私に、いじめられた同級生たちよ、ごめん…私、かなり性格が悪いんです。

■そういう時の解決策と最終手段

女が会社で危ない目にあわないないための、
一番簡単な解決法は「こびる」をやって、へらへらわらってること。
ついでに、それでそのフロアで一番力のありそうな男を落として、
彼氏にでもして、守ってもらうこと。でも、これやっちゃうと
もう、下っ端路線決定になっちゃうんですね。かせげなくてもいい女性は
これでいいんですけど、私は社会人やりながら大学にも行きたかったんで
かせぎたかったんです。

そうすると… つづきはかわいいといじめられちゃうんで…(笑)でどうぞ。

サラダ油で*サクサククッキーを作ろう

さくさくクッキー

以前、サラダ油などのありあわせの材料で
クッキーを焼く方法を書きましたよね-☆ →超簡単☆サラダ油クッキーレシピ
簡単さ材料のシンプルさは前回のレシピの圧勝なのですが
焼いてみると思ったより。。かたい。。。


ので、もう一回、工夫してみよっ(o^-')b


ということで
サラダ油などのおウチにあるもので
さくさく感を重視したレシピをを考えてみました。 →手作りお菓子レシピブログ


天板をもった女子

よくレシピ本とかにクッキーをサクサクにするにはコーンスターチを入れるって
書いてあるので、コーンスターチも片栗粉も同じデンプンぢゃん!!
と思って入れてみたらさっくさくになりましたo(^-^)o


生地がゆるかったり、べたべたしたりで
手で丸めたり型で抜いたりして作れないので
スプーンで天板に落として(英語でドロップ)作るクッキーを
ドロップクッキーと言います。

これも、ドロップクッキーの一種なので、
生地がゆるくてもちゃんと焼けるから安心してね-☆


赤縫い目リボン
材料(12枚分)

■薄力粉50g ■片栗粉50g ■サラダ油50g ■卵1/2個(25g) ■砂糖25g

作り方

1、サラダ油、卵、砂糖をボウルに入れよく混ぜる。

2、1の ボウルに薄力粉を入れて、だまがなくなるまでよくまぜる。

3、クリーム状の生地をお好みの大きさで9~12等分してスプーンですくって

  天板に落としながら並べていく。

4、170度のオーブンで20分焼いて出来上がり!


**片栗粉はコーンスターチでもOKです**

ケーキいただきます


はい!!  いっただっきまぁ~~す-☆ →節約料理ブログ
bouzケーキぱく