節約

楽天ポイントで副収入7万円 | 【5】家族カードとポイント合算

楽天ポイント7万円

 節約体質の私は、「いつもニコニコ現金払い」こそが、正しい節約の道だと思って生きていました。

 ところが、ある時、クレジットカードを持った方が節約できると気づき、クレジットカードの活用を始めたわけですが、もっと、早く知っていればよかったと思うくらいお得でした( ̄∇ ̄ ;)

写真の楽天ポイント70,000円分は楽天グループを攻略していただいたものです。数ヶ月おきに貯まったポイントで買い物をするだけなので、全く手間をかけずにできるお小遣い稼ぎです。(以下クレジットカード=クレカ)

ベージュライン

 【第5回目】家族カードとポイント合算。についてお話してゆきます。

ベージュライン


【1回目】クレジットカードの年会費について
【2回目】カードポイントの有効期限について
【3回目】ポイント還元率が良いカードを探す
【4回目】ポイントが1円分から使えるカード

【第5回目】ポイントの合算についてお話してゆきます。


 私が使っている楽天カード自分のカード家族のカード(家族カード)のポイントを合算することができます。


 このサービス、意外とやっていないカード会社も多いようです。それぞれが、貯めたポイントはそれぞれで使いたいというご家庭が多いのかもしれませんが、我が家ではカード払いで貯めたポイントは必ず家計に当てると決まっているので、合算して使えるのは非常に便利でよいです。


グラスの赤い花


 楽天カードの場合は、ポイントに有効期限がなく、1ポイントから使えるので家族カードのポイントと合算できることのメリットは、そんなに大きくありませんが、以前書いたように7~8割の各種クレカのポイントは、有効期限が設けられているのであまりカード払いをしない月が続いてしまうと、2~5年後に換金できるポイントに至らないまま、1円も換金できずにポイントを失効してしまうなんてこともありうるわけです。


かじったりんご


 以前、メインカードとして使っていたセゾンカードにも家族カードとのポイント合算のサービスがあります。

 ですが、セゾンのポイントは最低400ポイント(80万円分)貯めないと金券などに交換できません。合算サービスがあると交換の効率がぐんとよくなるとは思いますが、セゾンカードが200円で1ポイント(還元率0,5%)しかもらえないのに対して、楽天カードは100円で1円(還元率1%)ということもあり、還元率率がよく、家族カードとのポイント合算のある楽天カードを選びました。

 また、【3回目】ポイント還元率が良いカードを探す書いたように、楽天カードは、攻略すれば、常時ポイント3倍(還元率3%)にすることもできますし、私の場合は最高14倍だったこともあります。さらに、1ポイントからお買い物に使えるというのも便利なので楽天カードでポイントを貯めています。

楽天カードで効率よくポイントを貯める方法をシリーズで書いています-☆

今なら5000円分のポイントがもらえるので
とりあえずお作りになられてはいかがでしょう?
(私が作った時のボーナスは2000円でしたが、今は5000円 >> 詳細を見る)

 ↓ QRコードでお申し込みの方はこちらからどうぞ-☆
楽天QRコード

【楽天カード】★今作れば5000円がもらえます★