節約

私のお気に入り商品

国民年金は絶対に払ったほうがいいです

死神が来る助けて


今までの年金制度では年金を払っていない人が
「なんか、歳とってきたら
 やっぱり不安になってきたから年金払おうかな…」
と思っても2年前の同月までしかさかのぼって支払うことができませんでした。
(免除手続きをした人は10年までさかのぼれます。)

つまり、3年以上前の未納年金は
「お願いですから、払わせてください。」
と頼んだとしても支払うことができなかったのです。


はりねずみ


「長期間、年金を払わずに放置した人は払わせてあげないからねっ!!」

「そんでもって、年金払ってないんだから
 困ったときにお金もらえなくても自業自得だからねっ!!」

という、因果応報スタイルの仕組みです。


かじったりんご


そんな因果応報スタイルの年金システムが
年金未納者に対して救済措置を始めたようです。

平成27年10月から平成30年9月3年間にかぎり

5年前までさかのぼって時効年金を後納することができるのです。

この後納をするには「日本年金機構」に連絡し
後納の払い込み票を手に入れる必要があります。

郵送か、お近くの年金事務所でのお手続きが必要ですが、
お急ぎの方はお近くの年金事務所に行ったほうがよいでしょう。


一般の医療保険などもそうですが、
掛け金が多ければ多いほど後々いただける保障が大きくなるので
払えるのであれば、できるだけ払っておいたほうがよいと思います。


考え中


年金制度の是非については色々な意見があるでしょう。
ですが、私はやはり年金は払っておいたほうがよいと思います。
なぜ、そう思うのかは前回に書いたとおりです。
何はともあれ、早めの手続きをおすすめします。

■なぜ国民年金を払ったほうがいいのかは
  >>> 国民年金を払いたくない人へでどうぞ-☆

ベージュライン

■詳しくは >>> 年金ネットでご覧ください。

■電話でご相談の方は >>> 年金ダイヤルベージュライン