節約

ゴミ袋で遮熱カーテンを手作りしました


うさぎ窓

 数年前に冷暖房費削減のための初期投資として遮熱カーテンを買いました。遮熱レースカーテンと遮熱カーテンの両方を買う予定だったのですが、先に遮熱カーテンの効果がどのくらいのものか試してみてから、遮熱レースカーテンを買うかどうか考えようということになりました。

遮熱カーテンを買ってみて思ったこと。それは
遮熱カーテンは絶対買った方がいいということ。


うさ水草


むしろ、どうしてもっと早く遮熱カーテンを買わなかったんだろうと後悔したくらいです。今までの薄いのカーテンのせいで、いかに冷暖房費を無駄に使って損をしていたかと思うと、ちょっとがっかり。

 そして、遮熱レースカーテンも買おうかという段になって思ったこと、それは遮熱カーテンの遮熱の効果は絶大なのですが、上下左右の隙間からの冷気(夏は暖気)が、けっこう見過ごせないということ。このすきま風の対策をしないと、遮熱レースカーテンを買ったところで、冷暖房費の節約にはならないと思ってしまったわけです。

 それが、ゴミ袋で手作り遮熱カーテンを作ったいきさつなわけです。


ゴミ袋の遮熱カーテン1


 厚手のビニールのゴミ袋を縦に2枚つないで、上側をビニールテープで補強。それを3枚作り、その3枚を横並びに画鋲で貼り付けました。(白いビニールテープなんだから白い画鋲で貼れば、もうちょっと見栄えがよかったと後になって後悔しました・笑)

 コツは、横並びに画鋲で貼る際にゴミ袋どうしを20センチくらいずつ重ねて、すきま風が入る余地を作らないこと。


ゴミ袋の遮熱カーテン2

壁側も20センチほど壁と重ねて貼ります。


 全く出入りをしない窓やベランダなら、ゴミ袋どうしもテープで貼り付けてしまい、壁側もガッツリ画鋲でとめてしまったほうが、よりすきま風防止になるかもしれません。

 ですが、この写真の窓は出入りを頻繁にする窓なので、3枚を貼り付けないで、1枚ずつたらし、壁側もゴミ袋カーテンをめくって外に出られるように画鋲ではとめず、壁側に20センチほどずらして貼ってみました。これをやってからは、冬場はほとんどエアコンをつけずにすんでいます。高いお金を出して遮熱レースカーテンを買わなくてよかった。。


■私は庶民の味方・ニトリさんの楽天市場店で遮熱カーテンを買いました。

というのも、ニトリ楽天市場店で買い物をすれば
常時3%OFFで買い物ができるからです。
詳しいやり方は >>> ニトリの買い物を常時3%OFFにする方法

私が買ったのはこの遮熱カーテンです。