節約

安くて高性能の浄水器で節約しながら健康に

■ダスキンの浄水器

 健康のためにと、ペットボトルに入ったミネラルウォーターを買っていませんか。確かにミネラルウォーターには、その名の通りミネラルが入っていますが、ミネラル分豊富な食事を心がけていれば、ミネラルウォーターでミネラルを摂取しなくても大丈夫という説もあります。その説が正しいのかどうかは私には判断できませんが、我が家は低所得なので、到底、ミネラルウォーターを買うような余裕はありません。  ですが、さすがに水道水に含まれるさびや塩素は体に悪いといううわさを耳にすることが多かったので、一人暮らしで安いアパート暮らしをしているときからダスキンさんの1000円浄水器をつけていました。 ダスキン浄水器01  こちらのタイプの浄水器をつけていました。 ダスキン浄水器02  浄水とシャワーを簡単に切り替えられます。  ダスキンさんの浄水器なので、お掃除用品などと同様に4週間に一度、替えのカートリッジを自宅まで持ってきてくれました。カートリッジを定期的に自分で買いに行くのは大変なので、毎月、自宅まで持ってきてくれて1000円というのは、とてもお買い得でした。古いアパートに住んでいたときは配管がさびていたのか、水道水にさびの味が混ざっていたのですが、このダスキンの浄水器を付けたら、さびの味がしなくなりました。また、塩素の味もしなくなったので、性能にも満足しています。

■東レの浄水器

 うつ症状がひどくなり、対人恐怖症が出てしまい、誰にも会いたくないと思っていた時期がありました。その時は、浄水器を交換に来るダスキンの方に会うのもつらくて、ダスキンをやめてしまいました。  そのかわりに使い始めたのが、ホームセンターで見つけた東レの浄水器。ダスキンの浄水器は4週間に1度の取り換えでしたが、東レの浄水器は半年に1度の取り換えでよいので、本体一個とカートリッジ2個を買って自宅に設置しました。  東レ浄水器01  私が買ったのは「東レ 浄水器 トレビーノ スーパータッチ SX903V」という型で、蛇口直結型浄水器といって、蛇口に内蔵するのではなく、外側からはめ込むタイプの浄水器なので、自分で簡単に設置することができます。また節水機能付きなので、設置するだけで、水道代がお得になります。 東レ浄水器02   蛇口の上にあるタッチレバーがお判りでしょうか?食器洗浄中で泡がついている手でも、手の甲で上からカチッカチッと押せば、水道水、浄水、シャワーの三種類の水流にワンタッチで切り替えられるので、手間取ることがありません。   また、上記の東レの浄水器は高除去タイプで12項目の有害物質の除去テストにクリアしています。ですから、古い文化住宅に設置したにも関わらず、さびや塩素の味は全くしませんでした。東レは老舗で、なおかつ大手の繊維メーカーなので安心して使うことできました。

■ダスキンと東レ、どっちが良かった?

 ダスキンさんは4週間に1度、カートリッジを交換しにきてくれるので、交換し忘れがないという点では、とても便利です。ただ毎月1000円のコストがかかるのが気になる方にはおすすめできません。  東レのトレビーノは本体+カートリッジで初期費用3300円程度で、半年間使えるのでダスキンに比べると、割安です。さらには交換用カートリッジが2個で2800円程度なので、半年間のランニングコストは1400円に抑えることができ、1カ月に換算すると、200円強と、非常にお得です。ですが、浄水器は所定の交換時期が来たら、カートリッジを交換しないと、雑菌などが繁殖する可能性があり、時期がずれると逆に体に悪い影響を与えかねないので交換時期の管理がとても重要になってきます。ですから、交換時期をスケジュール帳などに書いて、管理する必要があるのですが、それができるのであれば東レのトレビーノが節約世帯にはおすすめの浄水器です。 ■東レのトレビーノを楽天市場でお買い求めの方はこちら

■アマゾンでお買い求めの方はこちら