節約

IKEAのクッションカバーでモダンアートインテリア作り

 新居に引っ越してきて、なかなか思ったようなインテリアが見つからず苦戦していたのですが、テーブルと食器棚を黒で統一すると決めてからは割とスムーズに家具選びをすることができました。

 テーブルやいすのフォルムだけでも存在感があるのですが、壁に絵をかけたら、もっと雰囲気が出るのではないかと、黒で統一した部屋にあう、シックでモダンな絵をずっと探していました。おしゃれなポスターやアート作品は安くても数千円するので、我が家にはちょっときびしい。ニトリやイケアで安いアートやフォトを探したのですがやはり安くても3000円はしますし、気に入ったデザインも見つかりませんでした。

 つらつらと、イケアのサイトを見ていると、これ、額に入れたら映えるんじゃない?と思えるクッションカバーを見つけました。お値段も799円と、お買い得。

IKEAクッションカバー表

 IKEAのVÅRLÖKブランドのクッションカバーです。

IKEAクッションカバー裏

 裏側はこんなかんじです。


 さてさて、好きな模様は見つけたものの、このクッションが入る額があるかが問題だと、イケアに行って額を探しました。イケアのクッションは50cm×50cm(ニトリのクッションは45cm×45cm)なので、その大きさのフレームを探していたら、STROMBOLIとRIBBAのブランドが50cm×50cmの額(フレーム)を出しているのを見つけました。色は黒と白のみでした。STROMBOLIのフレームが枠も細く平べったくカジュアルな感じなのに対して、RIBBAのフレームはガラスと絵の間に奥行きがあり、その空間がおしゃれに感じられたので、私はRIBBAのフレームを選びました。

IKEA50×50フレーム

 こちらのフレームです。お値段は1990円でした。


 中身と額で3000円以内でおさまったので、ほっと一安心しました。そして、早速クッションカバーをほどいて、額に入れる作業をしました。本当はリッパーがあれば簡単にほどけるのですが、我が家にはリッパーがないので、眉毛切りばさみで地道にほどいていきました。クッションカバーは布なので、そのまま額に入れても滑り落ちてうまく飾れないので、厚紙などの台紙にクッションカバーを張り付けて額に入れるとよいでしょう。私の場合はフレームに台紙が入っていたので、それにゴムボンドで張り付けました。

 そして、出来上がったモダンアート風インテリアがこちら。

MALSJÖガラス扉キャビネット

 キャビネットの上に置いてみました。


MALSJÖガラス扉キャビネット02

 ガラスキャビネットもIKEAで買ったものです。写真では迫力が伝わりにくいのですが、結構大きなフレームですので、ダイニングに入ると、ドーンと目に飛び込んできます。


MALSJÖガラス扉キャビネット03

 遠目に見るとこんな感じです。黒基調にモノトーンコーデしている我が家のダイニングですが、少し赤みをいれることで、よいアクセントになりました。