節約

引越費用の見積りを比較して12万円値切る交渉術

 私は過去に3回ほど引越し料金を大幅値引きしてもらっています。今回は、具体的にどのような経緯で値引きが行われたかを書いてゆきたいと思います。


mat白家小


【1回目の引越見積り】12万円を5万円に値引き

 風呂なしの2Kのアパートからバリアフリーの1Kのアパートに母を引越しさせた時の値引き額です。母の住んでいたアパートは車が入れない細い路地をしばらく奥に行った場所にあったので、大きな道にトラックを停めて、そこまで人の手で荷物を運ばなければならないということで費用がかさむであろうと言われていました。ですが、業者Eさんが、そういった地域用に細い道でも入れるような小さな車両を持っていて、それで大きなトラックまで運ぶので人出は少なくて済むということで破格のお値段で作業していただきました。

A社12万円
B社11万円
C社9万円
D社8万円
E社5万円

と、いったような見積もりでした。

 余談ですが、11万円を提示したB社は地元密着型の小さな業者でしたが、「ウチは新築に引越しをする方などのために、丁寧な梱包や養生を売りにしているので、値引きをできるような作業はしていません。値段を気にするなら他の業者さんに頼まれたほうがいいと思います。」と、見積もりを出すだけ出して、さっさと帰っていかれました。風呂なしの古いアパートと古びた家財を見て、経済的に余裕がなさそうだということを予測しての優しさからか、それとも、ウチは立派な家の引越ししか扱わないというプライドからかは分かりませんが、今でも、さっさと帰っていったあの業者さんの印象は覚えています。


白黒家3本の木


【2回目の引越見積り】13万円を6万円に値引き

 2LDKから3Kのアパートに引越しした際は、2月の半ばで3月、4月の繁忙期より少し前だったので10万円台からの提示でした。ちなみに3月、4月に入るとそのほかの時期の2~3倍の値段になるそうです。一番最初に来たA社さんの提示学は13万円。それを前回の記事で書いたように即決はしませんと言って粘っていたところ7万円まで下げてくれました。

 ですが、全ての業者から見積もりをとるのが私のポリシーなので、そのようにしました。そして、2社目の営業マンが来て11万円を提示してきたので、1社目の見積もりを見せたところ、すぐさま上司に電話をかけ、しばらく話をした後に「ウチではこの値段では無理です。」と帰って行かれました。

 この辺りから営業トークを長々と聞くのがしんどくなってきたので、3社目からは、「ウチは値段だけで決めますので、付帯サービスなど、もろもろの説明は結構です。ご説明いただいても一番安い業者に頼むと決めているので、お時間を無駄にさせてしまうだけなので…」「お忙しい時期でしょうから、お時間を無駄にさせては申し訳ないので、提示できる一番低い金額を教えてください。」と、最初にお話することにしました。

 すると3社目は「分かりました。」と、ささっと、荷物の量を見て、見積もりの詳細に書き込むこともなく、6万円を提示してくれました。その後、2社ほどウチにいらっしゃったのですが、玄関先で「6万円でやってくれる業者さんがいるのですが、それより安い金額を提示できますか?ウチは値段で決めることにしているので、その値段より高いようであれば、お時間を取らせても申し訳ないので。」と説明したところ、2社とも「ウチでは、その金額では無理です。」と、玉砕して帰っていかれました。

A社 13万円→7万円
B社 撤退
C社 6万円
D社 撤退
E社 撤退


うさ水草


【3回目の引越見積り】22万円を10万円に値引き

 3Kのアパートから、購入した3LDKのマンションに引越しの際の話です。マンション購入時の引越しは幹事会社というものがあり、その引越し会社が入居の日時の調整をします。マンション購入時の登録会には当たり前のように引越し幹事会社のブースがあって、そこに案内されるので、指定業者だと勘違いされる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は他社で引っ越しても全く問題はありません。

 ですから、我が家はいつもの通り引越しの一括見積もりに申し込みました。ですが、運悪く、マンションの引渡しが3月後半、つまり引越しの繁忙期で、引越しの料金は2~3倍に膨れあがっている時期でした。1月あたりに一回、一括見積もりに申しこんだのですが、時期が早すぎたのか1社しか連絡が来ず、ただ、その電話で幹事会社で引越しをしなければいけないわけでないこと、3月は引越し料金が3倍に跳ね上がるので、賃貸料金を1ヶ月分払ってでも4月に引越ししたほうがよいことを教えてくれました。4月の末に引越ししようとのんびり構えていたのですが、4月も下旬は移動が多いので、中旬のほうがよいとのこと。この情報をもらえたのは非常にラッキーでした。

 そして、2月の中旬にまた一括見積もりに申し込みました。今度は4社から立て続けに連絡がありました。一番最初に来たのが幹事会社だったのがラッキーでした。マンション購入時の引越しは2時間おきといった短い時間で各世帯が入居していくので、遅れを出すわけにはいかない、だから通常2人のところ、3人で作業しますとのこと。そしてお値段は22万円。ですが、いつものごとく、他社さんの見積もりを見てから考えますと保留にしたところ、営業マンが上司に電話をかけて、「どうも、幹事会社に一任ということではないようで…」と、調整を始めました。幹事会社なので、入居日時の変更ができる立場。当初昼間を想定していた作業順番を後がつかえても大丈夫なように夜間に変更して、作業人数を3人から2人に減らしてくれました。さらに、「以前の住居からここに引越して来るときは6万円でやってもらって、その時と荷物の量は変わっていません。」とも伝えました。そして、最終的に出た金額が12万円。

 それでも、保留してB社に来てもらったら、「ウチはこの金額では無理です。」と、帰っていきました。そして、10万円も下がったのだからもういいか、とC社、D社に「12万でやってくれるところがるのですが、それよりお値引きできますか?」と電話で連絡しました。繁忙期なので、撤退するかもしれない業者さんに、わざわざ来ていただくのは気が引けたからです。ですがD社が「もっと安くできるかもしれません。」と、食い下がってきました。そして、我が家に家財の量を見に来て、10万円を提示してくれました。

 D社は本社が我が家と同じ県内にある、地元の中堅引越し業者。そのほかの業者が全て大手だったのに、最安値をたたきだしたのが地元の業者というのには、ちょっと驚きました。

A社 22万円→12万円
B社 撤退
C社 撤退
D社 10万円

以上、引越し代金を12万円値引きしてもらった具体例でした。

引越代金の値切り方*最大12万円値切りましたの記事で引越代金の値引き交渉の流れについて書いていますので、そちらも是非ご覧ください。



引越費用に相場はないので見積を取ろう*最大12万円値切るコツ

 私は、何回か引越しをしたのですが、若いころは荷物も少なく学生時代の友人など男手もあったので、リヤカーで引っ越しをしていました。逆に一人暮らしの時は引っ越しが楽なように、大きな家具などを買わないようにしていました。一番大きい荷物でも小さな2ドアの冷蔵庫程度。ですから、いつも友達に手伝ってもらって無料で引っ越しをしていました。

 ですが、大きな荷物がある場合や、物がたくさんある場合はそうはいきません。私は母の引っ越しと、自分たち夫婦の引っ越しで3回ほど引越し業者を頼んだのですが、1,2回目が7万円の値引き、3回目の引っ越しに至っては12万円の値引きを実現させました。

 では、どうやって12万円も値引きをしてもらったかを書いてゆきたいと思います。

■引越し一括見積りに申し込む。

 私の場合はハピタスでお小遣い稼ぎをしているので、ハピタスの中にある引越一括見積の案件から見積を依頼しました。


引越し一括見積


■引越業者から電話がかかってくる。

 インターネットから引っ越しを申し込むと、驚くほどすぐさま電話がかかってきます。例えば夜の22時にインターネットから見積を依頼したら翌日に電話がかかってきそうなものですが、送信ボタンを押した2~3分後には引越業者から電話がかかってきたので少し驚いたのを覚えています。ある引越営業マンが言っていたのですが、「一括見積をとっても、ほとんどのお客様が1社目に決定する。」そうなので、一番最初にアポイントを取れるかどうかが、引越業者にとってはとても重要なようです。


■引越業者の人が見積にやってくる。

 インターネットで見積を依頼する際に、どんな家具をどのくらい持っているかチェックシート式で数量を入力することになってはいるのですが、実際には引っ越し業者の営業マンに家に来てもらって荷物の量を確認してもらいます。各部屋だけでなく、押し入れの中まで見てもらって、何トントラック何台で運べるか計算してもらうのです。この際、運んでもらう物の申告漏れがあって、積み残しが出ると追加料金が発生する場合があるので、恥ずかしがらずに全部の家財を見せましょう。


■1社目が意外としつこい

 さて、次から次へと引っ越し業者からのアポイントの電話がかかってきますので、時間が重ならないように2時間程度ずつずらして、予約を入れていきましょう。そして、一社目の引越業者がきて見積を出してくれます。それが22万円だったとしましょう。「他の引越業者さんの見積を見てから考えます。」というと、「じゃあ、ちょっと待ってくださいね。」と、電卓をたたきはじめます。「今、即決していただければ20万にできますが、いかがでしょうか?」と言われます。それでも「いえ、他の業者の見積を取ってからでないと決めません。」と断固とした態度で保留すると、営業マンはまた電卓をたたき始めます。そして、上司に電話をし始め、許可をとり、「他社で見積を取らず、ウチで即決してくれるなら18万まで下げられます。いかがでしょうか。」と食い下がってきます。それでも、「いえ、他社で見積をとってから考えます。」と、一社目には帰ってもらいましょう。


■他社に1社目の資料を見せる。

 2社目以降は、1社目が出してくれた見積の紙を見せながら、これより安くできますか?と聞くだけです。その際も「今、即決なら、この価格にできます。」と必ず言われるので、そこは断固として保留にしてください。「即決はしません。」と言うと、前の業者の見積より低い見積をたたきだしてくれる場合も多いので、それが連続していくと段々値段が下がっていきます。


■一番、安い引越業者にお願いする。

 最低でも4~5社に引越の見積をお願いして、営業マンに来てもらって、一番安く見積もってくれた業者にお願いしましょう。私の場合は大手が一番安かった場合もありましたし、地元密着の中小業者が一番安かった場合もありましたので、会社の規模の大きさに関係なく、見積にきてもらうようにしましょう。

 引越料金を12万円値引きさせた交渉術は、こちらでどうぞ。