節約

私のお気に入り商品

最新の記事

RSS購読

あなたは本当に貧乏ですか?

考え事

2014年04月08日執筆

 最近は体力がないので、外国の方とお話できる場に行くことはほどんどないのですが、昔は、英語の勉強がしたくて国際交流センターや留学生センターのような外国人の集まる場所に毎日のように通っていた時期がありました。別段、英語教室が開かれていたというわけではなく、図書館代わりにセンターを利用している外国人に無差別に話しかけるという作戦を決行していただけです。(笑)

 ちょうど私がそんな無茶をしていた時期は、たまたま無料で外国語を勉強してやろうとセンターに来ている日本人や外国人が沢山いた幸運な時期でもありました。さらに、留学生センターや国際交流センターは勉強をしに来ている学生や社会人は、(自国の)新聞を読みに来ている知的富裕層が多かったので、資産運用の非常に有益な情報源にもなりました。その頃は特に資産運用を始めた時期で、諸外国の政治経済に詳しい留学生の方たちとお話しできることは、私にとって、とても有益なことでした。


 そして、私自身が外国に居をかまえて働いた経験や、諸外国の方々とのおしゃべりを通して、しみじみ思ったことは、「日本は本当に豊かで安全な国」で日本を離れたくないな~ということなのです。世界を視野に入れて、客観的に物をみている人は、日本人、外国人に限らず日本はいい国だと言ってくれます。私も本当にそう思います。


本をめくる女の子



 自国で成功できたにも関わらず裕福だという理由だけで、家に爆弾を投げ込まれ国を逃げ出してきた人。あまりにも自国の治安が悪いので、家族が何らかの理由(暴動・内戦・テロなど)で死ぬかもしれないと考え、自国での大学教授の座を捨てて、日本のゴミ処理場や工場などで朝早くから夜遅くまで家族全員で働いて生き抜いている人、本当にいろいろな人とお話をしました。各国々の中でも賢い部類に入る人ほど日本に逃げてきているようにさえ感じました。

 例えば、インドに旅行に行った人は人生観が変わって、急に人が変わることがあります。アフリカや南米にボランティアで行った友達は
電気・水道・ガス・電話・テレビなどは、お金持ちしか利用できない地域がほとんどだと言っていました。(通っていたとしても途中で寸断することが多いとか。)

 毎日、天井の電気がつき、いつでも電話が通じ、蛇口をひねれば水が出て、しかも、その水が茶色くない。そして、一家に一台はテレビがある。仕事を辞めれば失業保険が出て、働けなくなったら生活保護がでる。世界人口の中で、こういう暮しができている人は、10%もいないと言われています。「働けない=餓死(栄養失調死)」という国も少なくありません。

 そういった国の人から見ると、たとえ生活保護を受けている公営住宅の暮らしでも中流以上の暮らしに見えているでしょうし、むしろ、「働けなくても家も生活費も用意してくれる国」に対する憧れをもっている人も少なくないのです。


だんご女の子


実際に外国に住んでいた時に
「何で日本ほどお金持ちで、
 物質的に豊かで清潔で安全な国から
 こんなたいしたことのない国に来たんだ?」
と聞かれたことがあります。それが世界から見た日本の姿です。

 しかも日本は国民皆保険である「国民健康保険」と「国民年金」という国民全体で国民を支えようというすばらしい制度があります。これを行使できている国は、世界でも少ないのです。諸外国では一部の富裕層が富を独占し、大多数の庶民は食べる物を買うお金もないくらい貧乏な層が多いわけですから、保険や年金を払うお金など持っていないので払えるわけがないという事情があるからです。

 日本の水道技術・鉄道技術・介護技術などは世界の国々が、ものすごい金額のお金を払ってでも教えてほしいと乞うてくるくらいの質の高さです。外国に住んでみて、他にもチョコレート、紙、トイレ、肉、加工食品、生理用品などなど、世界的に見て、日本の(量産)製品はなんて品質が高い上に安かったかということを知りました。外国で日本製品の品質と同じ程度の商品を買おうと思ったら日本の2~3倍の値段でないと買えないことがほとんどでした。警察、行政サービス、福祉サービスなども非常に質が高いです。

 こんなに豊かな国に住んでいて、自分が貧しいと思うのは、やはり他人と自分を比べてしまうからなのでしょうね。それも仕方のないことだとは思います。人間、自分が見てきた範囲でしか物事を判断できないものですよね。私も、低所得で一人暮らしをしていて、心細かった時は、不安が多きすぎて「貧困妄想(自分が貧しいと思い込む。)」に、とつかれていました。


はすの葉


 私自身も、若いころは漠然と人と自分を比べて、自分はなんでこんなにお金を稼げないんだろうと落ち込んだ時期がありました。でも、実際には自分と同じ年齢の女子よりずいぶん多く稼いでいたことに、大人になって気づきました。あまりに高望みしたために、ノイローゼになり体調も崩して無職になり、貯金を切り崩しながら単発バイトで食いつなぐ日々は地獄でした。

 あの頃、もっと冷静に自分のいる位置を理解し、行動できていれば…そしてペース配分を考えて働いていれば…と後悔は残ります。でも、あの頃の自分では無理でした。若いころはそのくらい大馬鹿者なのが当然なのかも。

 ただ私は今、日本という豊かで安全に国に住むことができていることに本当に感謝していますし、これだけの豊かさと安全さを提供してもらうためには、どんなに収入が少なくても、それなりの責任(税金・健康保険・年金を支払う事)を果たすべきだと考えていて、どんなに貧乏になっても、実際に払ってきました。

そして、広い視野で世間や世界を見られるようになってからの方が収入が増えた気もします。世界や社会の状況をきちんと見極め、自分の立っている位置をニュートラルに見られるようになれば、案外、心の平穏が得られるのかもしれません。



夫/旦那の給料(収入)が少ないとなげく妻たちへ

2013年01月02日執筆

 「夫の給料が少ない」「夫の給料が下がった」と、なげく女性に出会った時に、私は必ずデフレの説明をします。

 夫の給料が少ないと思い込んでいる妻、夫の給料が下がったの夫のせいだと思い込んでいる妻の多いことに少し驚いたりもしています。年収ラボの「年収階層分布図2013」を見ると、年収が300万円以下の男性は男性全体の23,4%。つまり男性の4人に一人が年収300万円以下ということになります。これだけ高い割合で年収300万円以下の男性がいるということは、今や、夫の年収が300万円程度なのは、いたって普通なことになったということです。


mat黒家小


 確かに20年前は、年収400~600万円が普通、700~800万円が中流というのが庶民の認識でした。しかも、20年前は稼いでくるのは男性という常識がまかり通っていまししたから、男性側が300万円以下ということですと、女性は親に結婚を反対されるような状態でした。

 ようするに、「年収300万円=貧乏」というのは20年前の話です。

 バブルがはじけた上に、リーマンショック・サブプライムローン問題と未曾有の不景気が20年近くも続き、「失われた20年」という言葉まで生まれました。そのうちの15年間は、デフレで物の値段が下がり続けました。15年も物の値段が下がり続けるというのは経済学的には異常事態で緊急事態です。


mat白家小


 たとえば1990年に牛丼は400円。今は280円。(話を分かりやすくするために話を極端に単純化します。)「良質牛丼」とい牛丼屋があって、店長が1人いたとします。

400円の牛丼を1ヶ月に10万杯売ったとして、
1ヶ月の売り上げは4000万円。
そのうちの1%を店長の給料として受け取れるとしたら
店長の給料は40万円。

この牛丼が280円になったとします。
1ヶ月に同じ10万杯を売ったとしたら売り上げは2800万円。
同じく1%を店長の給料として受け取ったら28万円。

つまり、同じ会社で、同じ質・同じ量の仕事を
まじめにコツコツやっていたとしても
給料は40万円から28万へ下がってしまう、これがデフレです。
(雇い入れを極端に減らす会社が増えたので、
 一人あたりの仕事量は実際には1,5~2倍に…)

 ですから、男性の給料が下がった一番大きな原因はデフレです。給料が下がるくらいならいいですが、何回もリストラにあってしまう男性も少なくありませんし、業界によっては1/4まで給料が下がっています。(音楽・映像・出版・WEB制作の業界は壊滅的)


白黒家3本の木


 しかも、20年前くらいから、あまりの不景気で企業は被雇用者を守る体力がなくなり、年功序列(年齢が上がれば会社での地位や給与が上がる。)、終身雇用(問題さえ起こさなければ一生やとってくれる。)という仕組みをとりやめてしまう会社も増えました。今や、上記のようないい待遇を受けられるのは、公務員、銀行員、財閥系企業、および一部の大企業くらいです。

年収1000万円を超える男性は、3,8%と100人の中に4人弱。

私の知人にも年収1000万円を超えている人が何人かいますが、
日本は累進課税ですから給料が多いと、
すごい割合の税金を払わなければいけません。
年収1000万円程度ですと、多少余裕のある暮らしはできるかもしれませんが
贅沢な暮らしはできないのが実情です。

「バブル全盛期」または「バブルの残り香のある時代」を生きてしまったせいか
アメリカの金融危機、ユーロ危機、東日本大震災などが起こる前の
「不景気の中でも、まだ景気がよかったほう」な時代を生きてしまったせいか
特に現在、35歳以上の女性が
夫の給料に不満を持つ傾向が強いように感じます。

今の時代は「雇ってもらって、給料をもらえるだけでありがたい。」
「夫(妻)が元気で働けるだけてありがたい。」という時代です。
夫の給与が少ないと感じるなら、
妻がその分を働いておぎなえばすむことです。
夫を責めて落ち込んでいる時間があったら、何でもいいから
妻も自分にあったお金を稼げる方法を見つけましょう。

さらに、夫の給与がいくらであっても
夫なりに一所懸命辛いことも我慢して、ひたいに汗して働いてくれた金です。
「今月も、一所懸命働いてくれてありがとうございました。」と
毎月のお給料日に夫に感謝の気持ちを伝えていますか?
それを言うだけで、夫の妻に対する態度が変わることも少なくありません。

書き始めると長くなりますが、夫の給与の多い少ないは
妻がどれだけ夫をフォローしているかも深く関係しています。
きつい言い方をすれば、夫の給与が少ないのは
妻の「夫を支える能力が低いから」というケースも
よく見かけるのです。

夫に対しても、社会に対しても謙虚な気持ちで
感謝を忘れないようにすれば
結果的には色んなことがうまく回り始めるのかもしれませんね-☆

【関連記事】
*あなたは本当に貧乏ですか?夫/旦那は妻が育てるもの■夫の出世は妻しだい

夫/旦那は妻が育てるもの■夫の出世は妻しだい【2】


男の子-かげ


前回の記事は
夫/旦那は妻が育てるもの■夫の出世は妻しだい【1】
で、どうぞ。


■私が夫のビジネス家庭教師になった

 社内・社外メールの書き方、敬語(丁寧語、謙譲語、尊敬語の使い分け)、ちょっとした英語(コンプラ・プライオリティーなどなど、最近は日常会話に英単語が多様されるのでね…)オフィス内での暗黙の了解的なこと、夫が家に帰ってきたら、毎日毎日教えました。毎日、夫の帰宅後2~5時間は夫の話を聞き、この人に対しては、このように振る舞え、その人物はこういうタイプの人だから、こういう方法でいうことを聞かせろ(下手に出ろ、おだてろ、力でねじふせろ、などタイプ別に。)とか、社内の人間関係の機微も教えこんでゆきました。  今でも、夫の会社の部下・同僚・上司の家族構成や、性格、考え方の癖まで、全部知っていて、問題が起きたら私の頭のなかのコンピューターで、これらを総合的に解析して、夫にアドバイスしてます。ちなみに、出入り業者、関係企業の人の性格まで把握してます(笑)  最初の頃は、社内・社外を問わずメールは一旦私に転送させ、添削をして送り返し、それを清書として実際に送信してもらいました。最初の頃の夫のビジネスメールは何が言いたいのか全く分からない文章な上に、自分の心情ばかりを書いた「個人的な日記?!」とツッコミみたくなるような報告文章。「これじゃ伝わらん!てか、伝えたいことが1行も書いてなくて、あなたの気持ちしかかいてないじゃん!」という摩訶不思議な文章で、大人として本当にこんなことがあるのか?と疑うようなひどい内容。「何の感想文?」と、本当に、そんな感じ。それを見ただけで、この男、会社で何をしでかすかわからないから危険だ、と思ってしまったので、社内で問題が起こったときは、すぐさまトイレに行くふりをして私に連絡をするようにしてもらいました。そしてその都度、メールの添削をしたり、起こった問題に対する対処法・根回しの方法を教えました。  そして、5年が過ぎ、派遣で働いていた会社から「正社員になってほしい。」と声がかかりました。派遣で働いていた時のオファーですから、夫の業務能力・人間性を認めてくれたのだと思います。 考え中

■妻が夫を育てると喧嘩が増える

 正直、夫を育てていたときは地獄でした。なぜなら、男は女にとやかくいわれると腹が立つものだから。私が夫の仕事のやり方に毎日毎日、いちいち意見するので、腹をたてた夫に毎日のように怒鳴られていました。ですが、夫も私が言ったとおりにすると何故かいろんなことがうまくいく、ということを悔しいながらも(笑)受け入れてくれるようになってゆきました。  私の言うことをきかないとうまくいかない、私のいうことを聞くとうまくいく、という因果関係がはっきりしてきたので、女に指図されて悔しいことよりも実益をとるようになったのです。そして、最近は私がいちいちアドバイスしなくても、これまでの経験とデータの蓄積からある程度、いろんなことを自分で判断できるようになってきました。最初の頃のひどさを考えると5年ぽっちで、そこまで出来るようになった夫はミラクルかと…人間、やればできるものですね。 男女ハグ

■感謝と尊敬の気持ちで助け合おう

 人間は何歳になっても成長するものなのですね。収入0の夫でも家族が支えれば、そこそこ稼げるようなるのです。私自身としては、できれば、一番一緒にいる時間の長い妻が、指導するとまではいかなくても、会社の愚痴くらいは聞いてあげたほうがいいいのではないかと思っています。そして、愚痴を聞くときは、自分の意見などは言わず、ただ黙々と聞いてあげるのがコツ。  前回の記事のように、夫の給料が少ないと不平不満を言っている妻たちの中には、夫より稼いでいる金額が少ない人もざらにいます。自分よりも高い給料を持って帰ってきてくれる夫に対して感謝の気持ちこそ持て、どうして不満を言うことができるのか、理解に苦しみます。金額がいくらであれ、きちんと家にお金を入れてくれる夫に感謝と尊敬の気持ちを持ち、謙虚な気持ちで自分や夫の収入を上げる努力をしたいものです。

夫/旦那は妻が育てるもの■夫の出世は妻しだい【1】


猫と皿と女の子

前回の記事は
あなたの夫/旦那の給料は本当に少ないのか?で、どうぞ。


■そもそもアンケートってどうなの?

 さらに、中央値を見たところで、民間調査ごときで、どこまで本当のことを聞き出せてるのか?ということも気になります。どういう方法で年収のアンケートをとっているのか知りませんが何かのアンケートで自分の家の年収を正直に「本当の金額」で答える人の割合はどれくらいなのでしょう。  もし私が何かのアンケートに答えるとしたら、そもそも年収のアンケートには答えないでしょうし、答えるとしても本当の年収は書かないかもしれません。特にインターネットでは何か情報が流出した場合に非常に危険ですから余計にです。  「そんないい加減なことをしていいの?!」と、怒る人もいるかもしれませんが、私自身なら、収入が多くないように見せたいので少なめに書くでしょうし、夫は男の見栄で、「金額を盛って」書くかもしれません。>>> 貯金ランキング  

■アンケートなんていいかげんなもの

 所詮、アンケートなんて無責任なものなのです。本当に責任を持って収入を開示しなければいけない時は、役所の所得証明や納税証明が必要になってきますし、本当に自分達の年収について答えなければいけないときは、これらを提出します。もっと言えば、これらの書類の提出を要求されます。  ですが、アンケートは「証拠を提出してください!」とは言えません。ですから、私は巷のアンケート結果はあまり参考にしません。私の中では面白ネタ程度の扱いです。一つだけ参考にするアンケートは選挙の「出口調査」だけ。(厚生労働省の給与データは参考になりますが、詳しすぎて見にくいんですよね。)

■無職の長い夫は仕事が続かなかった

 私の夫は最初の3年は収入ほぼ0で、私がやしなっていました。最初は思わぬ失業で失意のどん底にいたので、そっとしておいたのですが、1年くらい無職が続くと、さすがにアルバイトでもしたら?と思い始めました。それで、単発の軽作業などを月に数回始めてもらいました。一ヶ月の収入は2~3万円くらい。  それでも別段、夫の給料が少ないとは思いませんでした。「1年も働いていない人のリハビリとしては、これくらいのペースから始めるしかないよね~。」と思っていましたからです。そして、いざ夫が就職したいと思い始めたところ、仕事を選んでいたせいもありますが、高卒で、さしたる職能のない夫を雇ってくれる会社が全くなかったのです。  面接に落ちて自信を無くしている夫は「なんの資格もないのに、就職なんて無理だよ。」と、泣き言を言い始めました。ですが、私は、「資格がないなら、取ればいいじゃん。」と、私がお金を出して、自動車運転免許を取得してもらったり、夫が勉強してみたいという分野の学校にも行ってもらいました。私が大金を出してね。と、念を押しておきます。(このブログ、夫も見てるのでね。) 一生、恩に着てくれ! 夫よ! あは(笑)  4年目にして就職はできたものの、社会性がなさすぎて、すぐ辞める(2週間~3ヶ月)、たびたび会社の人といざこざを起こすなどの問題が多発。 「この問題児め~~っ!はぁ。。」 と、何度、夫の世間知らずにため息をついたことか。 続きは夫/旦那は妻が育てるもの■夫の出世は妻しだい【2】で、どうぞ-☆