節約

あなたの夫/旦那の給料は本当に少ないのか?


背中サロンパスおじさん


■結婚は相互扶助です

 私は夫の収入額に不平不満を言う人が苦手です。私個人の考えでは夫の収入が多くないのであれば、妻がそのぶんを補えばよいと考えるからです。結婚式を挙げたこのとのある方なら、ご存じかもしれませんが、結婚式では以下のような言葉を誓います。  「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」  要約すると、病気の時もトラブルが起こった時も、貧しくなってしまったときも、夫婦で助け合っていきましょうという誓いです。あなたは、夫の収入に不満を言うばかりで、自分の収入を上げることを怠っていませんか?夫の収入が上がらないなら、自分の収入を上げよう、人を変えることができないなら、自分が変わろう、そう、思えるか思えないかで人生は全く違うものになってくると思います。 はりねずみ

■なにで旦那の給料が少ないと決まるの?

旦那の給料が少ないって言う奥様方って結構多いんですよね。 実際の給料がいくらであれ、奥様が少ないと思ってしまえば 少ないことになってしまうという…面白い現象なんですけどね。 夫の給料が一ヶ月5万円でも少ないと思わない妻もいれば 夫の給料が一ヶ月100万円でも少ないと思う妻もいるということです。 じゃあ、どこらへんが多い少ないが決まるのかと言うと それぞれが皆、勝手な思い込みで決めちゃうんですよね。 これ、実は男性側が言っちゃうと言いわけに聞こえて 夫婦喧嘩の原因になったりするんですけど、 女性側が思ってる分には 文句を言う人はいないのではないでしょうか? がまぐち財布

■妻たちは何を基準にしているのか?

例えば民間の調査会社の調査結果とか。 夫と同世代の男性の平均年収を見比べて、自分の夫の給料が少ないってね。 経済学を学んだ私ですから「統計学」や「微分積分」などの 数字の扱いは必須科目。このどちらか一つだけ単位が取れなくても落第です。 なので、多少は統計学の知識はあります。 きっぱり言えます。夫の給与の平均値なんて何の参考にもなりません。 平均値は収入0から何百億の人まで足して人数で割っただけ。 例えば年収3億円の人1人と年収0の人2人がいたとしたら、 三億円÷3=平均年収一人1億円です。でも実際には2人は収入0円です。 年収0円の人が年収1億円なことになってしまう、超テキトーな数値なわけです。 マフラーかば ちょっと、賢い人だと中央値を調べます。 100人いたとしたら、だいたい値がどのへんに集まりやすいかというやり方です。 これはちょっと説明が難しいので、大変申し訳ないのですが、 お知りになりたい方はご自信でお調べになってみてください。 ■夫/旦那は妻が育てるもの■夫の出世は妻しだい【1】に続きます。

子供の世話にはなりたくない、迷惑をかけたくない話【4】


鉱石


前回の記事は、
子供の世話にはなりたくない、迷惑をかけたくない的な話【3】
で、どうぞ。

■富裕層のご婦人は賢明

 お金持ちのご婦人ほど、ずっと専業主婦しかやってこなかった人でも、40代、50代で勉強して、60代、70代で働き始めたりするんですね。これは、お金があるないではなくて、多分、社会参加して、「体力づくり」と「ボケ防止」をしようという試みなのだと思います。そして、そうこうしてるうちに70代で役職についたり、給料があがったりしているのです。さらには、お金に困って働いているわけではないので、頻繁に海外旅行に行ったりしているんです。

■高齢者の働き方のコツ

 専業主婦だった高齢者の働き方のコツは、自分が体験したことを仕事にすること。たとえば、「介護で、死ぬほど苦しんだ人」は、介護の世界に飛び込んだら、介護のノウハウや、本人のつらさや、家族のつらさがまでが分かるので出世しやすいのです。上記の70歳で役職について給料が上がった方が、まさに、自分の介護経験を生かして役職に就かれました。(ただし、下積み時期は体力勝負です。役職がつけば頭脳労働になってきます。)  ですから、自分が体験したことのある分野に進むことが、高齢者が一番有利に働くコツだと思います。子育て分野(ベビーシッターなど)、家事ヘルパー分野(家政婦など)、清掃分野(ビルメンテナンスなど)、片づけ分野(引っ越し業者など)などで一番に得意で情熱が持てることを仕事にする準備を、早めに始めることが大切です。  昨今は、女性の社会進出が進み始めているため、家政関係の求人も増えつつあります。さらに、ベビーシッターなどは経験豊富な高齢者のほうが好まれたりするので、年齢が不利になるということが全くありません。  インターネットなどで、登録性の家政婦やベビーシッターのサイトがありますので、家にいながらインターネットで簡単に仕事を受けることができます。  あとは、老いてくると体力でかせぐことは難しくなってきますので、最終的には頭脳労働一点張りにならざるをえません。ですので、経験に箔(はく)つける資格(修了資格で十分です。修了証があるのとないのとでは信頼に大きな差が出ます。) 水鳥

■高齢でも働ける

 老後に必要なのは貯金・保険だけでなく、働き続けられる体力と職能だと思うのです。私自信は70歳を過ぎてがんなんかになったら、 治療を拒んでホスピス(お金があれば)に入りたいと考えています。自分の実体験から家族のためには早く死んであげたいと考えるからです。  私の祖母は80歳代でもピンピンして外に働きに出ていました。80歳でも外で働いて、家で内職までしていました。ですが、85歳が限界でした。そこからは、ぱっと死ねなかったので、非常に(お金と介護で)困った親族もいたようです。ですが、85歳までは現役ばりばりで、介護士をやっていましたから、人間はその年齢くらいまでは働けるというのは確実です。

■高齢でも資格は取れる

 貧乏だし、病弱だし、老後かせげる人間になるために資格をとる気力はない、と思う人の方が多いと思います。ですが、女の「母の愛」のエネルギーは、普通では出ないような「火事場の馬鹿力」で、子供に迷惑をかけたくない!!という全エネルギーを、「働くこと」=「お金をかせぐこと」に向ければ、無理ではないのではないかと思える方たちもたくさんいます。  私がおすすめする資格は、国家資格である介護福祉士(まずはヘルバーの下積みから。)、看護師、管理栄養士などです。ですが、これらは、それなりの学力を必要としますし、学費も相当額必要になってくるので、難しいと思われる方は、お値段もお手頃で講座を修了さえすればよい通信教育で家政系の資格を取ることもおすすめです。

子供の世話にはなりたくない、迷惑をかけたくない話【3】


草むしり


前回のお話は
子供の世話にはなりたくない、迷惑をかけたくない的な話【2】
で、どうそ。

■夫の親は遺産は残さないが、迷惑もかけないというスタンス

 夫の親はまだ元気で、しかも体が弱ったら、自分たちのお金でいい介護施設、またはホスピス(治療拒否っていう意味ね)に入ると言ってくれています。助かります。その変わり、私たち夫婦に金銭面では一切援助しないし、財産も残せないよというお話なので、やっぱり助かっています。  お義母さまは、おじいさまの介護をしたので、 「あの苦労は子供とその嫁に絶対させない!」 と、もともと、働いてお金を貯めてたのですが、59歳で資格をとって、60歳から華麗に転職したんのです。よほど、いい介護施設に入る気なのかな?と(冗談ね・笑) 考え中

■子供に迷惑をかけたくない時に取るべき行動

 ですから、自分の子供を自分が老いることで苦しめたくないなら、 1・子供の見えないところに消える。(電話も多くて月1程度にとどめる。) 2・介護される状態にならない。 3・介護されなければいけない状態になったら、お金で解決する。 4・年金は絶対払い、無理してでも医療保険は入る。それ以外は以下の優先順位。 【1】医療保険--医療費は保険で出せなければ子供が出すハメに 【2】国民年金基金--多少、国民年金が増えます 【3】個人年金(生きたい派)・生命保険(死んでもいい派)  私自信は、70歳過ぎて、保険でまかなえないほどの治療費がかかる場合は、治療を拒みたいです。いわゆる、尊厳死です。家族の経済的・精神的な負担を減らすため、自分が大病だと気付いていても、末期まで病院に行かず、「体の調子が悪い」「痛い」「苦しい」などとは一切口にせずに、死んだ親の話もしばしば聞きます。子供に迷惑をかけたくなかったんでしょうね。  距離的に、子供に簡単に会える場所に住んでおいて、「私のことは心配するな。」とかいう親は、少しずるいなと思います。心配かけたくないなら、子供が簡単には会いに来れない場所にいるべきだと思います。 かじったりんご

■長生きすることの意外なリスク

 親は、なぜか、これを想像しないんですよね。自分が長生きすればするほど、子供が先に死ぬ確率が高まるんです。長生きすると、子供が先に死にますよ?子供の死体を見なきゃいけなくなりますよ?的なことを、特に母親は全く想定していない場合が多いのです。  子供が先に死んだ親というのが、私の周囲でもずいぶんいます。もう、それは見てはいられないくらいの悲しみようです。あまりのショックに精神病になる母親も少なくありません。  それでも長生きしたいか、したくないかは、自分で考えるしかありません。社会から「もっと、あなたに教わりたいことがあるから生きていてほしい。」と思われる老人になれば、意外とモノやお金は集まってくるミラクルもたまに、見かけます。レアケースですが、人徳があって老後も何かと忙しくしている人たちもいるにはいます。そういった方たちは非常に元気であったりするので、何かしら社会と関わりを持つというのも、よりよい老後を暮らすために重要なのでしょうね。 子供の世話にはなりたくない、迷惑をかけたくない的な話【4】に続きます。

子供の世話にはなりたくない、迷惑をかけたくない話【2】


赤いりんごの木


前回の記事は
子供の世話にはなりたくない、迷惑をかけたくない的な話【1】
で、どうぞ。


■私はお金で解決しました

 もしかしたら、介護面の話で子供に頼らないと思ってるのかな?とも思うのですが、同居か、引き取ってもらうっていう話で迷惑をかけたくないというお話なのかと。

 残念ながら、同居だと必ず子供が親を介護することになってしまいます。ですから、本当に子供に迷惑をかけたくないのであれば、独立して暮らすことが望ましいでしょう。

 私自身は親が病気で苦しんでいる姿を見るのつらくて、あまり会いに行かずに、お金で解決した子供なんですね。バリアフリーの家に引っ越しをさせたり、わずかばかりの仕送りをしたりしました。幸い、親とは幼稚園の頃に生き別れていたので、親に対して、あまり思い入れがなかったのです。親とは少し離れた場所に住んでいましたし、私自身、仕事で疲れていて遠出できる体力もなかったことも関係して、余命が短くなっても、なかなか会いに行くことはできませんでした。

 もともと5年に1度くらいしか会っていませんでしたし、電話も2~3年に一度くらいしか、かかってこなかったので、最期のほうは、1年に何回も私に会えるようになっただけで喜んでいました。


グラスの赤い花


■親のために子供が犠牲になるのが、いいことだとは思わない

 私がお金を出すまで、65歳くらいまでは母も風呂なしの家に住んでいました。「母親はもう長くない。」と思い始めた頃に、自分が後悔しないようにと、私がお金を出して、お風呂のあるバリアフリーの部屋に引っ越しをさせました。

 そして、発達障害の兄と働きすぎで精神を病んでいる私が、少しだけ仕送りをしてました。正直、私はもともと働きすぎで病んでるのに、親にお金をつぎこんだせいで、もっと病みました。母親には私が精神病を病んでいることは秘密にしていましたから、心も体もボロボロなのに親に精神的・経済的に頼られるは、とても、しんどかったです。

 金銭的にもしんどいのに親の心のケアまではできないと、役所などに色々と問い合わせ、病気の母がなんとか自立して暮らせるように算段しました。結局、お金で解決したのです。そして、そのお金は、私が腰椎ヘルニア(激痛系)、頸椎脊柱管狭窄症(激痛系)、うつ病(心が激痛系)、腱鞘炎、腓骨神経麻痺(足が動かなくなる系)、脳貧血などなどの病気になりながら、命を削りながらかせいだお金。


■私自身が治療を拒否し、尊厳死を望む理由

 私の友人が、親の病気+生活苦のおかげで死にました。親が死んだ方が解決できた問題なのに、彼女が優しい子で自ら進んで生活の面倒をみたがったのか、支援が得られず、みざるをえなくなったのかはわかりません。彼女が家族の問題を自分一人で抱えて頑張った結果、彼女自身がうつ病になって自殺しました。まだ20代半ばでした。親、特に母親が更年期障害や生活苦でうつになっていたらしく、母親からの「もらいうつ」だったという噂でした。

 親に全くお金がなくて、子供にちょっとでも財産や仕事があったら、こうなるのです。私はそれがいやで18歳で父親と縁を切りました。その後、すぐに父親は亡くなりました。

 1話目でも書きましたが、社会福祉は子供も親族もいない人優先です。あるいは、誰も働けない家が優先、ということなのです。


生け花


■父の死にざまと母の死にざま

 働かずに子供にお金をタカる気まんまんだった父に比べれば、「死ぬのが怖い」と泣き言を言いすぎて私のノイローゼを悪化させた死に方でしたが、一人で死んだ母のほうがましでした。一生、7万~9万円の給料で、風呂もなく、雨漏りのするアパートに一人暮らしをしていた母。(つい、7年前平成22年の話です。)それっぽっちの給料で、厚生年金も国民年金基金も全て払って、老後に人に借金もせず、一人暮らしを続けて死んだ母は立派でした。一人の女性として、彼女の生きざまを尊敬しています。

そして、平成29年の今でも、地方ではこんな生活のまま死んでいく人がいて、都会では、可愛い服じゃないと着たくないだとか、かっこいい靴じゃないと履きたくないという子もいます。

まあ、所詮、世の中は不公平で不条理なものなのでしょうね。

子供の世話にはなりたくない、迷惑をかけたくない的な話【3】に続きます。