節約

持ち家か?賃貸か?【5】 | 自然災害

前回の記事→持ち家か?賃貸か?【4】 | 家の寿命

私が家を買いたくない理由の大分類の2つめ。それは自然災害。
えっ!最近は火災保険の中に地震保険が入ってるから大丈夫だよ。」
と保険にちょっと詳しい人は思うかもしれませんが、
実際には自然災害とは地震や津波だけではありません。

むかしは「地震・雷・火事・おやじ」が怖いものの代表だと言われていました。
現在「地球温暖化、異常気象」「地震・津波」と大騒ぎですが、そもそも地球上50℃~60℃とかの気温の変化があったり、地面が大きくずれたり(地震を伴う)、どっかからマグマ(溶岩)が噴出してきたりなんてことはあって当たり前。

最近、小笠原諸島の海底火山の噴火でできた新しい島が、(東京都小笠原村)西之島とつながったのは有名な話。

左側の西之島も1973年(私が子供のころ)に噴火でできた島ですが、去年(2013年)何もない海の真ん中に噴火で新しい島ができました。それが噴火中の右側の島。
西之島1


そしてこの新島の溶岩がどんどん流れだし隣の西之島とつながりました。
西之島2

それからも噴火は続き、二つの島が完全に一体化して、大きな島になりました。

地球が生まれてすぐは火の国。その次は雨がず~っと降り続ける星。その次は「かこう岩(溶岩)」の星。と、地球の歴史の中では人間が生きられるような状態なったのはつい最近。

東日本大震災後、福島や宮城の土地は東に何メートルだか延びましたが、まだまだ東に伸び続けているとのこと。東北に限らず、震災の影響で伸び縮みした土地も多いとか(特に関東)。こういうふうに、土地の形や広さが変わった場合、境界線とか登記とかどうするんだろというのがまず第一の疑問。

2014年1月11日のニュースでも、ハドソン川、ナイヤガラの滝(100年ぶり)、ミシシッピ川が凍ったと大騒ぎ。というか、最近は日本でも、年がら年中「異常気象」「異常気象」と大騒ぎですが、むしろ、1980年~2010年くらいまで日本の気候や気温が安定しすぎていたと言ってもいいのではないかと思います。自然災害は定期的に大きいのが来ていますね。あなたや私の住んでいる地域で、急に大地震がきたり、異常気象で雪害が起こったり、川や海が近いわけでもないのに液状化が起こったりしても不思議ではないのです。そんな時、保険でどこまでカバーできるのか?というのが私の第二の疑問なわけです。

シンクホール

シンクホール1

シンクホール2

シンクホール3


液状化

液状化1

液状化2

「ちょっと傾いたくらいなら住めるかも。」と考えるのは危険。建物は水平に力がかかることを前提に構造力学的に計算されてます。傾いていると、いつ倒壊してもおかしくありません。

地震・津波・竜巻・土砂災害・液状化、地盤沈下、シンクホール、河川の氾濫・マグマ噴火(多分ほかにもあると思う。)、これらの自然災害に対する補償家財に対する補償を全てカバーできて、なおかつお手頃価格の保険があるのであればマイホーム購入も考えると思いますが、実際にこれら全ての危険をフォローできる保険って存在するのでしょうか?あったとしても、結構な金額なような気もするし…(今のところは家を買う気がないの調べたこともないので本当のところは分かりませんが。)

それらが補償されないないのであれば、ローンだけ残って別の家を借りなければいけないという状態だけは避けたいので、私は家を買いたいな~とは全く思わないわけです。(夫は男のロマンで家を買いたがっているので、どうなるかは分かりませんが…)

ちなみにダンボール建築で有名な「坂茂(ばんしげる)」さんが
テレビでスピーチをしていて

地震による死は、天災ではなく人災です。
地震によって人は死なない。
地震で倒壊した建物によって人は死ぬのです。
これは私達建築家の責任でもあります。

というようなことを言っていて、なるほどな~と思いました。
(英語のスピーチだったのでうろ覚え…ゴメンナサイ)



持ち家か?賃貸か?【4】 | 家の寿命

前回からの続きで、
私が「一生賃貸に住みたい理由」を書いてゆきたいと思います。
今回は「家の寿命」についてです。

前回の記事 >>>持ち家か?賃貸か?【3】| 修繕費と税金


mat白家小


■むかしは「家は30年で建て替える。」と言われていました。

テレビ番組の「大改造!!快適ビフォーアフター」でよく、柱や梁が腐っていたりシロアリに全て食べられていたりしますよね。あれは、もとが欠陥住宅だった場合もあるのでしょうが、それだけでなく老朽化でボロボロになった場合も多いと思います。家というのはそもそも年月とともにボロボロになって崩れ落ちていくものなのです。ですから20年前には「30歳以前に家を建てると、30年後には建て替えをしなければいけないので、一生で2軒の家を建てなければいけなくなる。」と言われていました。

前述したようなメンテナンスを定期的に続けていれば多少長持ちさせることはできるかもしれませんが、それでも40年くらいが限界なのかな?という気がします。いまは建築技術や建築素材が発達しているので、もっと長持ちするのかもしれませんね。ですが、やはり安く建った家はそれなりの素材でできているのでしょうから、あまり期待できないかもしれません。

ちなみに、古民家などで100年以上建っているような家は10~20年に一回、腐った柱や梁を抜いて新しいものに入れ替えるような大規模改修を定期的に行ってきた家だと思います。


白黒家3本の木


伊勢神宮が20年に1回「式年遷宮」で、建物を新しく立て換えて神様をお引越しさせているのをみると、当時は建物の寿命は20年が限界だと考えられていたことがよく分かります。古くから立っている寺院などは数十年に一回、定期的に大規模改修または建て替えを行うことで何百年もその姿を残しているわけです。ちなみに「式年遷宮」の費用は(行事の費用込なので参考になりませんが。)550億円。有名どころの神社・仏閣の大規模改修も、大勢の宮大工を使って数億から数十億かけて行うのが一般的と聞いたことがあります。

家とはちょっと話が違いますが「首都高速道路株式会社」も、建設して30年以上経過した老朽化の激しい道路を建て替え、または大規模改修することを発表しました。
予算は6,300億円Σ(・ω・ノ)ノ!

一般的な庶民の持ち家も、一生でみると数千万円の維持費・修理費・改装費がかかるわけです。「形あるものは壊れる」というのは世の摂理ですが現代人は忘れがちかもしれませんね…


mat船頭単体


◎というわけで「私が一生賃貸の方がいいと思う理由」の大分類のひとつとして
「持ち家の購入費・維持費が莫大すぎる点」について、つらつらと書いてみました。

次回以降は、それ以外の理由について書いていこうとおもうのでお楽しみに!!

つづきは⇒持ち家か?賃貸か?【5】 | 自然災害で、どうぞ-☆



持ち家か?賃貸か?【3】 | 修繕費と税金

男のロマンでマイホームが欲しいと思ってしまう夫と
リスク回避ののために家は買いたくない私。
独断と偏見で私が家を買いたくない理由をつらつらと書いています。
そういう考え方もあるんだなぁ~という程度に
面白半分に読んでいただければうれしいです。

前回の記事はこちら → 持ち家か?賃貸か?【2】 | 莫大な維持費


マフラーかば


5・修繕費

◎購入だと

新築を購入して2~3年内だと、そんなにあちこちを修繕するということはないかもしれませんが、新築物件を購入して3年を過ぎてくると水道・洗濯機・風呂・窓・トイレなど水周りのゴム製品から徐々に寿命を迎えます。そして網戸、トイレなどなど細かいところから大きいところまでの修繕費を全て足すと、DIYで自分でちょこちょこなおしたとしても年間でも5~10万円程度の修繕費は必要となってきます。

◎賃貸だと

私は20年間一人暮らしをしていたので賃借人としてのキャリア(笑)も20年ですが、賃貸住宅を借りるときは、不動産屋さんに「大家さんがいい人かどうか。」を必ず確認をしていました。実は、大家さんがいい人の場合、「水道のパッキンが朽ちて水漏れがする。」「トイレの水が流れなくなった。」など、本来賃借人が負担する「小修繕」のたぐいも全て無料でなおしてくれるのです。

今のマンションも大家さんがいい人なうえに、友人などから自宅では食べきれない量の食材をいただいたりした時、大家さんにおすそ分けしたりしているので、小さな修繕から大きな修繕まで全部無料でやってくださいます。大家さんや近所の人(地元=地域の人)とは適度に行き来し、普段からコミュニケーションをとっておくと非常に安心です。そういう点では、賃貸でも持ち家でも同じかもしれませんね-☆


かじったりんご


◎法律的には
(特別な契約をしていなければ)住んでいる間の修理費は、水道のパッキンやトイレの詰まりなどの小規模の修理は住んでいる人の負担、トイレ自体の寿命がきたのですべてやりかえる、柱が腐ったので柱を取り替えるなどの構造に関わるような大規模な修理は大家さんの負担です。

ですが、最近は大家さんも儲からないようで「修理は全て借主負担」とか「貸主指定の業者で修理しなかった場合は借主全額負担」なんて契約書に書かれている場合も。後になって「読んでなかった。」「知らなかった。」と言ったところで、契約書にそのように書いてあった場合は払うしかありません。契約書をしっかり読んで、承諾したくない契約内容があった場合は印鑑を押さず、不動産屋さんを通して交渉してもらうか、別の物件を探しましょう。


はりねずみ


6・固定資産税

マイホームを持つということは「資産」を持つということなので、当然それに毎年、税金がかかってきます。それが「固定資産税」です。固定資産税は、敷地面積、購入金額、その時々の税制、その時々の法的な優遇措置、一戸建てか?マンションか?とか、も~~色んな条件で計算方法が変わってくるので、私がここで安易に参考金額を公表することはできません。気になる方は「持ち家 固定資産税」とか「一戸建て 固定資産税」とか「マンション 固定資産税」とかで検索してみてください。分かりやすく説明してくれているサイトがあるかもしれません(´Д`;)

◎実際には家の大きさや、立地条件によって費用は大きく変わりますが、
ここまで書いたとおり、家は買ってしまうと莫大な維持費がかかるのです。


つづきの記事は、持ち家か?賃貸か?【4】 | 家の寿命で、どうぞ!



持ち家か?賃貸か?【2】 | 莫大な維持費

前回からの続きで、
私が「一生賃貸に住みたい理由」を書いてゆきたいと思います。


前回の記事は >>> 持ち家か?賃貸か?【1】 | 家を買う時の注意点

はりねずみ


2・外壁塗装費

外壁塗装も外壁が汚れてきたから塗りなおすと誤解している方が多いようですが、こちらも湿気や水漏れから家を守り長持ちさせるために施工するものです。外壁の内側には防水シートまたは、防水ボードが貼られており、その上に何層にもわたる防水塗装がなされ、最後に隙間をパテで詰めて、家を水漏れからくる腐食から完全に守る構造になっています。ですが、この塗装も10年~15年程度で限界を迎えます。外壁塗装もお金を惜しんで定期的にやりかえないと、結局は壁の内側に水が入り込み、2階建てなのに1階から雨漏りがしたり、柱に水が染み込み腐ってしまい家の基礎自体がダメになったりします。

外壁は雨風にさらされる上に紫外線にずっとさらされているので室内の設備に比べると、劣化が非常に速いのが特徴です。また、塗装の下の防水シートや防水ボードまで傷んでいて取り換える必要があるかどうかで費用もずいぶん変わってきますので下記は参考価格です。

外壁塗装は10~15年に1回、200~300万円かかります。



うさぎお花畑



3・屋根のメンテナンス

こちらも、外壁と同じような理由で定期的にやり変える必要があります。あまりにも長い期間メンテナンスをせず放置しておくと、雨漏りだけでなく屋根が崩れ落ちてしまう可能性も。

屋根単体だと150~300万円ですが
外壁塗装+屋根の塗り替えを同時に同じ業者に頼むと
300~500万くらいの場合も。


うさぎ窓


4・ベランダのやりかえ

古そうな家で、いまにも崩れ落ちそうなベランダがあるおうちを見たことがありませんか?ベランダも定期的にやり変えるか、最低でも防水塗装をやりかえないと、腐食が進み、とても立ち入れる空間ではなくなってしまいます。また、なおすお金がないからと崩れそうなベランダを放置していると、近所から「崩れたら危ないから何とかしてくれ。」と苦情が出て、役所から人が来て注意されることも。ベランダは痛んで崩壊した際に、持ち主だけでなくご近所にも迷惑をかけかねないので、屋根や外壁と同様に10年に1度程度のやりかえまたは塗り替えが必要です。

ベランダはそれぞれの家によって広さにばらつきがあるので、
一概に値段はいえませんが、
10~15年に一回、防水塗装を塗り替えるだけなら
100万円以内でできる場合も。


bouzウサ干し竿


ちなみに…

・熱(ヒートアイランド現象)
・振動(線路、車通りの多い道路が近い)
・塩害(海が近い)
・湿気(日陰または川・沼・さわなどが近い)
などの立地ですと建物が傷むスピードが速くなるので、施工周期が縮まります。

さてさて、ここまでは
6つある「持ち家の維持費」のうちの4つまで書いてきました。

残り2つの「維持費」持ち家か?賃貸か?【3】| 修繕費と税金でどうぞ-☆