節約

私のお気に入り商品

最新の記事

RSS購読

子供のアレルギーが増えた原因は清潔すぎる環境?

洗濯物-青

【雑菌】と聞くと皆さんどんなものを想像しますか?
風邪、食中毒などの原因で
【悪者】というイメージを思い浮かべる方が多いと思います。

実は【雑菌】は生物(=人間)の生活に
切っても切れない深い縁があるのをご存知でしょうか?


雑菌と聞くと何となく悪いイメージがありますが
【常在菌】と言われたら少しイメージが変わりませんか?
雑菌は【微生物】でもありますし、【たんぱく質】でもあります。

【たんぱく質】と言われると
少し雑菌のイメージが変わるかもしれませんね-☆

実は、科学的には必ずしも【雑菌=悪者】ではないのです。

ベージュライン

雑菌の定義

雑菌というのは、特定の微生物を話の対象にしたときに、それ以外の菌類、細菌類、あるいはそれに類する微生物を総称して言う呼称である。特に、対象の微生物を扱う場合に邪魔になるものを指して言うことが多い。したがって、何を扱うかによってその対象は異なる。ある細菌を扱う細菌学者にとっては、それ以外の細菌と菌類はすべて雑菌であるし、発酵を扱う業者にとっては、発酵の過程で余計な反応を起こすような微生物がそれに当たる。病理学者にとっては、目指す病気の病原体を探すときに、その周りにいるそれ以外の細菌が雑菌である。一般の人にとっては、事実はともかく、微生物などいてほしくないと感じられれば、あらゆる微生物を雑菌と呼ぶかも知れない。この場合、黴菌という言葉の方が通りがよい。

出典:ウィキペディア

除菌ブームの危険性についてはこちらの記事でどうぞ。

ベージュライン


ビンと草


 例えば、私達が口にしている酒、塩辛、納豆、漬物、味噌、しょうゆ、チーズ、ヨーグルト、キムチetc.は全て【雑菌】の恩恵によって作られています。ちなみに今流行っている塩麹(しおこうじ)などの「麹(こうじ)」は、白カビの一種です。見た目があからさまに「青かび」なので、ブルーチーズを召し上がる習慣のある方などは、菌に対して抵抗が少ないかもしれませんね。

 老舗のお味噌屋さんの味噌蔵には何十種類もの【雑菌=発酵菌】がいて、そのお味噌屋さんの蔵によって菌のバランスが違います。そのため、別のお味噌屋さんでは全く同じ味は出せません。お酒も醸造に関わった【雑菌=発酵菌】の種類で味が決まります。(工場で大量生産するような味噌や酒はこの限りではありません。)

 自宅でお味噌を作る方から、よく聞く話ですが、自宅で作るお味噌は、自分の手の【雑菌=常在菌】で作るので、自分にとって一番おいしいお味噌ができるとのこと。人間の皮膚に存在する【雑菌=常在菌】も、その人その人の体質に合ったバランスで存在しているのです。

 腸内環境を整える場合、腸内細菌の【善玉菌】を増やし【悪玉菌】を減らしましょう、と推奨されていることをご存知の方は多いと思います。皮膚の上でも全く同じことが言えると私は思っています。便秘症の人が便秘を治すために、【善玉菌】も【悪玉菌】も一緒くたに、全部消毒して殺菌しましょうという話にはなりませんよね?

 腸内でも皮膚上でも、住環境としても必要な菌は必要という考えのもと、私は除菌剤で菌を全て抹殺するという方法はとらずにきました。それが正解なのか間違いなのかは私には判断できませんが、今のところ特に健康面で問題は起こっていないのでよしとしています。


黄色い鍋コトコト


「ほんまでっかTV」でも諸先生方が、皮膚を守る【常在菌】を殺さないために体を洗剤で洗うのは、1週間に1回程度でよいと口をそろえておっしゃっていたので、
「おっ、私の見解は意外に正解かも?!」とホッとしました(笑

 詳しいことを書き始めるとキリがないのですが、体の中に雑菌と戦うための「抗体」を作るためにも、一定量の雑菌にさらされている必要があるとも言われています。インフルエンザなどの予防接種は、その原理を利用して、インフルエンザ菌を薄めたものを注射しているということをご存知の方も多いと思います。

 抵抗力の低い乳幼児・老人・病人には無菌状態が必要な場合もあるでしょう。ですが、成長期に過度に無菌状態だと【抗体】を作る能力が低くなり【抵抗力の弱い子供になる】=【アレルギーの子供が増えた】という説(衛生仮説)もあり、お子様がいらっしゃるお母様方には悩ましい話だと思います。



はりねずみ


自分の体の声を聞いて、その人その人の体力・抵抗力に合った
オーダーメイドの衛生管理が必要とされるのでしょね・・・
【腐敗菌】や【病原菌】などの危険な菌から身を守りつつ、
危険ではない【常在菌】と共存したいというのが私の永遠のテーマです。

書籍:アレルギーの9割は腸で治る! (だいわ文庫)

子供をアレルギーにさせたくないお母さんたちへ

bouzウサ干し竿

 世の中に子供をアレルギー体質にしたいお母さんなんて一人もいないでしょう。ですが、お母さんの子供を守りたいという気持ちが強すぎるあまりに、子供をアレルギーにしてしまっているケースが近年増えているようです。

 実は、最近衛生仮説という仮説が、研究者たちによって証明されようとしています。

ベージュライン

この件については過去記事で取り上げているので、そちらをご覧ください。

■雑菌はどうして必要なの?除菌ブームの危険性

ベージュライン


では、具体的に子供をアレルギーにしないためにはどうしたらいいのかというと
衛生仮説の逆、
つまり乳幼児期から様々な雑菌に触れさせるということが大切です。

有識者の間では、農業・畜産業・漁業・林業などの家庭で育ち
土や生き物と共に生息する自然な菌を体いっぱいに浴びで育った子は
アレルギーになりにくいと言われています。

白黒花小やぎ

イギリスの調査では、農村で、お母さんが牛の乳搾りをしている横に、
ベビーベッドで寝かされていたような子が
アレルギーになりにくいという結果が出たそうです。

土・ワラ・牛・牛の糞などなど、様々なものに住み着いている菌に触れながら
乳幼児期を過ごした結果、抵抗力が強く、正常な働きをする「抗体」を
体の中に作ることができたようです。
  
先日、テレビで芸能人数名が
10種類のアレルギー検査の結果を発表していました。

ピースの綾部さん・チュートリアルの福田さんは
10種の検査のうち半分以上が陽性だったのに対し
チュートリアルの徳井さんはアレルギー反応が全て陰性
つまり全くアレルギーを持っていなかったのです。

監修でいらっしゃっていたアレルギー専門医は
「現代人で、アレルギーをひとつも持っていない人は珍しい。」
と、言っていました。

では、なぜ徳井さんはアレルギーを全く持たない
健康な体になることができたのでしょうか。

上記のイギリスの調査結果どおり、徳井さんは
子供の頃、おじいちゃんの養鶏場で、にわとりが何十羽もいる柵の中に入って
にわとりと遊んでいたのだそうです。

赤あひる白黒花小

都会の子でいうと、早くから保育園に入れた子は
アレルギーになりにくいとも言われています。
なぜかというと、色んな子が持っている
色んな種類の雑菌に触れて、戦うことで
抵抗力を育てることができるからだそうです。


他にも、昔の日本人は寄生虫を体内に飼っていたから
アレルギーの人が少なかったなんて話もありますが
長くなるのでこのへんにしておきます。

私の言いたかったことのほとんどが書いてある本を見つけました。
アレルギーになるかどうかは幼少期に決まる部分が多いようなので
小さい子供を持つお母さん方には、是非読んでいただきたい一冊です。


書籍:アレルギーの9割は腸で治る! (だいわ文庫)

除菌ブームの危険性と衛生仮説

洗濯物-青

1012年08月07日執筆

 近年、日本ではやや神経質な程に、雑菌を恐れる傾向が見られるます。特に1990年以降では、従来から見られた潔癖症とは全く異なり、【強迫神経症】(または恐怖症)によって、不潔である事に恐怖心さえ抱く人が増える傾向にあると言わています。これらの人たちは、電車のつり革にさわれなかったり、公共の機械(自動販売機など)のボタンを押すことができなかったりします。重度の人になると、外出もままならなくなる程に恐怖心を抱く場合があります。

 元々人間には人間社会に存在する諸々の細菌や菌類に対して(免疫によって)一定の抵抗力がありますが、極端に雑菌を恐れる人は、日常生活においても支障を来たすケースも見られます。他方で、文具メーカーや日用品メーカーは、殺菌・抗菌グッズを多数販売し、これらの社会不安をあおる傾向すら見られます。広告などにおいて、細菌の顕微鏡写真をテレビの画面いっぱいに映し出した上で自社製品の殺菌力をうたう物もみられます。これらの広告に嫌悪感を抱く人も少なからず存在します。1990年代後半から日本国内の抗菌グッズ市場は300億円市場にまで成長しています。

 O-157に代表される病原性大腸菌による集団食中毒事件のあたりから、除菌が一般市民に根付き、その一般市民の中には、抗菌グッズが無ければ(根拠に欠ける)強い不安を覚える人も出てきています。同種市場の拡大を、社会病理と見なす人もいます。


大きい入道雲


 これらの抗菌グッズでは、銀やその他の物質を合成樹脂に混ぜて用いることにより、製品表面で細菌や菌類が繁殖できないようにしていますが、それでさえ一定の環境下で利用している場合に、その機能が保たれているため、その利用方法が正しくない場合には、期待される機能が発揮されない場合も見られます。また製品によってこの機能が充分でない・または消費者が過信した場合に、より好ましくない事態が発生するケースも見られ、国民生活センター等では注意を呼び掛けています。

 なお、衛生的過ぎる環境下では、感染症にかかる機会やさまざまな雑菌と接触する機会が減っていると見られ、それにより成長期において正常な免疫を獲得できないケースもあると考えられています。【花粉症】をはじめとしたアレルギー疾患は機能異常を起こした免疫が、本来はさほど危険ではない物質に対して過剰に反応する疾患ですが、それらが近年になって著しく増加した要因に、この衛生的過ぎる環境が影響していると考える説(衛生仮説)もあります。

ベージュライン

雑菌の定義

 雑菌というのは、特定の微生物を話の対象にしたときに、それ以外の菌類、細菌類、あるいはそれに類する微生物を総称して言う呼称である。特に、対象の微生物を扱う場合に邪魔になるものを指して言うことが多い。したがって、何を扱うかによってその対象は異なる。ある細菌を扱う細菌学者にとっては、それ以外の細菌と菌類はすべて雑菌であるし、発酵を扱う業者にとっては、発酵の過程で余計な反応を起こすような微生物がそれに当たる。病理学者にとっては、目指す病気の病原体を探すときに、その周りにいるそれ以外の細菌が雑菌である。一般の人にとっては、事実はともかく、微生物などいてほしくないと感じられれば、あらゆる微生物を雑菌と呼ぶかも知れない。この場合、黴菌という言葉の方が通りがよい。

出典:ウィキペディア (2012/8/7現在の記述より)

ベージュライン

書籍:アレルギーの9割は腸で治る! (だいわ文庫)