節約

私のお気に入り商品

最新の記事

RSS購読

投資信託が安全みたいな流れはなぜ?


■今、投資信託が流行っているの?

 最近、「私は経済や金融のことはよく分からないので、投資信託を選びました!」といったような記事をよく見かけるのですが、なぜ?と思ってしまいます。どこかの証券会社(あるいは証券業界全体)がブログや株サイトで、ものすごいプロモーションをやってるのかしら?  最近は不景気なせいか、株・投資信託に手を出したくなるような「初めての資産運用」みたいな本が、書店の店頭にたくさん並んでいます。本を買わせるため書いたのか、それともどっかの証券会社(証券業界)が報酬を払って書かせたのか分かりませんが、けっこう、あおっている本が多いように思います。  資産運用初心者の人たちはああいう本を信じてしまうのかな?と思うと、ちょっと怖いです。もちろん良書もありますが、投資に関して何も分からないので本を買うわけでしょうから、どの本が良書なのかも判断がつかないのではないかとも思います。

■投資信託は取引を丸投げするということ

 投資信託というのは、自分で資産運用する自信や時間のない人が、自分のお金をまるっと投資会社に渡して、「私のかわりに、うまいこと資産運用やっといて~。」と丸投げすることです。私も、ちょっとお試しで投資信託にお金を放り込んだことがあるのですが、ま~、もうからない。  そして、投資会社は長期的な運用を視野に入れて動くので、すぐにぱっとお金が増えるということはないですね。ぱっと値段が上がる(配当が増える)こともありますが、ということは、世界(または日本)の景気が一気にぱっと良くなっただけでしょうから、自分で株式運用してたら、もっと増えていたことでしょう。

■投資信託で資産を半分以下に

実は私、投資信託で資産を半分以下に減らした個人、団体を知ってます。 ・個人の場合 元手がないけど資産運用をしてみたいから投資信託を始めたという人 (積み立て型の投資信託に手を出す人が多い。特に主婦層が多い気が…) ・法人の場合  法人は組織が大きくなればなるほど、地元銀行と優良な関係(コネ)を作るために、毎月毎月、数十万から数百万の投資信託を地元銀行に投入するものなんです。でも、これは企業側としてみれば「投資」というようりも、地元銀行に借金するため(ようは担保みたいなもの)とか、コネを作るためとか、まあ「経費」に近い存在。だから、これから先も明らかに損をすると分かっていても、撤退しないんですよね。 「いくら、そういう仕組みだって言っても、投資信託で預けてるお金が半分以下になってるのに、預け続けるなんて、おかしいんじゃないの?」と、ぼやいている、とある会社の経理担当者を見たことがあります。でも、色んなしがらみがあって投資信託を買い続けなきゃいけないもんなんです。  公的機関や企業なら、大暴落した株価が80年後に元手の値段に戻って、それから上がってくれてもいいわけですが、個人の場合は20歳で暴落した株価が80年後に値上がりしたんじゃ運のいい人以外は死んでいますよね?

■リスクのない投資はない

 冗談ではなく昭和のバブルの一番株価の高いときに、株や投資信託を買い付けた人は本当にこういう状態になった人も多かったのです。アベノミクスが期待されていた時期は一時的に株価が跳ねあがりました。ですから、アベノミクス前の「失われた20年」と呼ばれている時期に、株や投資信託を買った人は必ずもうかっています。その時に、浮かれてブログで記事にした人が多かったのか、それを見て、その気になった人が多かったのかは謎ですが…  ですが、売るタイミングを逃してアベノミクスバブルがはじけたら一巻の終わりではないかと、少し心配になります。バブルがはじけた時も、リーマンショックが起こった時も、のんびりしてた人は、ものすごい含み損を出しました。  一旦、大暴落で減らしてしまった資産を徐々に損失を減らして、利益を増やすことも不可能ではありませんが、けっこうな知識とテクニックが必要になってくると思います。損益を出すリスクの少なそうな投資先はあっても、損をするリスクの全くない投資先はありません。投資をしている人には、利益を出した時は人に話すけれど、損をした時は人に話さないという特徴があります。  投資信託で人に丸投げするくらいなら、自分でやる、自分でできないなら、資産運用はやらない、というのが私の方針です。だって、投資会社にとっては所詮、他人のお金。投資に失敗しても、お金は返ってきません。だったら、まだ自分で失敗したほうが納得し、あきらめられると思ってしまうわけです。  バブルがはじけた時、サブプライムローン・リーマンショックの時にしみじみとそう思ってしまったのです。(私はリーマンショック前に、資産を金融市場から全て撤退させていたので、一円も損はしませんでしたが。それは本当に運が良くてそうなっただけです。)

■投資、資産運用を否定しているわけではありません

 投資信託も結局は、運用がうまくいかなくて損失を出してしまうこともあるので、元本(最初に出したお金)が保証されるわけではないのです。いつ始めて、いつ解約するかで、損をするか、得をするか決まるという点では、自分で株式運用しているのと変わりはないということを、よく理解してから、投資信託を選ぶかどうかを決めることが大切です。  私自身も、少額ではありますが投資をしているので、「投資」自体を否定する気はありません。「投資」自体は経済を活性化させますし、利益を出すことができれば生活がうるおうので、本当にちゃんとお勉強をした後に、リスクを覚悟したうえで始めることをおすすめします。 2014年執筆

【これで最後。】本当は資産運用なんかやりたくない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノートとペン このブログは節約ブログランキングに登録しておりますので、 経済学にあまり詳しくない方も見に来るので、この場で資産運用について書くのは 誤解や伝言ゲーム的なことで話が湾曲する可能性があるので、やめます。 ただ、最後に言っておきたいのは今はバブルだということ。 アベノミクスバブルです。だから、はじけます。必ず。 バブルが何十年も続くなんてことはありえないかと…理論上ね。長くて数年。 逆に言うと、アベノミクスのはじまる前、あるいは前後に株や投資信託を買った人は 保有商品の価値が最低ラインでも1.4~1.5倍に上がってるはずなんです。 100万円投資したら140万円になったみたいなことね。500万円だったら700万か。 そりゃ、うれしくて「有頂天になるな」というほうが無理。初心者ならなおさら。 matはりねずみ でも、これバブルだから、はじけますからね。以前、 資産運予はちょっと時給のいいアルバイトの記事でも書きましたが私個人としては ・アメリカが0金利政策をやめる ・日銀が国債を買うのをやめる とか、他にもいろいろあるんですけど、金融破たんの前兆が ちょっとでもあったら止めるつもりなんですね。 昨日?一昨日? 実際にアメリカが「0金利政策はまだ続けるつもりですが…」と 前置きしてから、0金利政策の解除の手順を発表しました。それだけで ドル買いが殺到して、いつぐらいかぶりの円安が来ましたからね。一瞬でね。 bouzかじったりんご 資産運用は、いつ始めるかも大切ですが、もっと大切なのは いつ、やめるかです。このブログで資産運用について書く機会はもうありませんが しろうとさんは、早目に撤退したほうがいいかも。 社会勉強とか遊び感覚でお金をどぶに捨てる覚悟で5万とか10万とかなら いいんでしょうが、これ言っちゃうと誤解の原因になるので、これ以上は言わない。 私も本当はやめたいんですよ。ええ。でも、体弱いし、今はバブルでもうかるから やめられないんですよ。家計的にね。いつバブルがはじけるか?はじけるか?って 毎日心配するのもつらいんですよ。ほんとに… そこらへんは、むしろ知識のない人のほうが楽なんでしょうけど… 外に出て働ける人は、外に出て働いたほうが幸せですよ。 私も、外に働きに出られるなら資産運用なんかしないと思います。 ということで、資産運用の記事はさようなら。

資産運用はちょっと時給のいいアルバイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
■楽してもうかるわけじゃない 素人さんの資産運用に対する誤解は、投資用の口座にお金を放り込んで適当な時期に売り買いすれば儲かると思っていることです。資産を運用するためには元手になるお金以外に、ほぼ毎日、数時間は情報収集・動向観察の時間が必要となり、それにともなう労力も絶対に必要となります。   私個人としては、この労力に対して得られる利益はちょっと時給のいいアルバイト(派遣)程度だと感じています。私は体調が不安定なので、断片的にしか株価や世界情勢をチェックすることができないということがあり、リスクの少ない商品にしか投資しないので、その程度しか儲かりません。ただ、外で働くようにまとまった時間を拘束されるということがないので私には便利です。 ■本物のトレーダーはそれが職業 短期的な投資で儲けようとする人たちをデイトレイダーと言います。そういうやり方でちゃんと儲ける人は、もともとの投資額が多いうえに、フルタイムの仕事以上に株価・為替(や先物)相場・世界情勢をチェックしなければいけなくなるので、もうそれが仕事のようなものです。 私自身は大した投資額ではありませんが、ちょっと知り合った株をやっている男性は「バブルの時にウン億つっこんで、バブルがはじけて半分以下になっちゃったよ~。」と笑っていました。本格的に儲けている人たちの投資額はこれくらいということです。 また、私の周囲で感じたことは、本当は儲かってない人ほど「株で儲かった!!」とまわりに吹聴し、本格的な投資家の人ほど損をした時の話しかしてくれないということでした。 (私自身も資産運用していることは、口の堅い2~3人にしか話していません。) 要するに、株で儲かったと吹聴する人の話は、話半分に聞いておくべきということ。本格的に長期に投資する人は得をするときもあれば損をするときもあるという心構えがあるので、儲かった時にいちいち周囲に「儲かった!儲かった!」と浮かれてしゃべったりしないのです。 ■ビギナーズラックでもうけた人は後に大損する確率が高い 若い頃に、素人同然なのに株で儲かって、外国に島を買ったなんて言っている人の話を鵜呑みにして私に投資の相談をしてきた友達がいましたが、私としては 「そもそも、それ本当の話?」というふうに聞いてしまいました。 もし、その話が本当だったとしても、そういうタイプの人は数年後には大損をしてしまったと言う話を本人以外の人から聞くことが多いです。これは非常に特徴的なことですが、素人で投資に一時的に成功した人は、そのあとに大損したことをしゃべりません。大体、誰かが株で大損した話は親族や近しい友達などから漏れるもので、損をした本人は周りに「儲かった!儲かった!」と自慢してしまった手前、恥ずかしくてその後大損したことをしゃべらないのです。 というわけで、株ですごく儲けたという人の話をうのみにしないことも大切です。 ■読者様に感謝の気持ちをこめて NISAがちまたで騒がれていますが、はっきりいうと100万円しか投資しないのであれば、情報収集する労力に対しての利益はものすごく少ないです。さらに、もともと多くない貯金をもっと減らすことになりかねないので金利のよい銀行に預けたほうがいいと思います。 今回の株価上昇は長くても東京オリンピックまで。それまでの間も乱高下があるでしょうし、また大きな災害が起こったり、経済や政治の情勢が急に変わったら暴落するという可能性もないわけではないので、撤退の時期を見誤らないように注意深く動向を観察した方がよいでしょう。 いつも読んでくださっている読者様に感謝の意味で 金融市場からの撤退のサインの一部をお教えします。 ・日銀が国債を買うのを止める。 ・アメリカが0金利政策をやめる。 私自身はこの2つのうち、どちらかが起こったら すぐに一旦、金融市場から資産を撤退させる予定です。

お金が紙くずになる時代が近いかも

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■情報源は意外と身近にある 私が株を始めた当時でも、資産運用をしている人は最低限の経済・金融の知識があり、一般紙を数紙と日本経済新聞を毎日読み、ネットのない時代ですから会社四季報という会社情報誌を買ってリサーチをし、あとは人脈で情報を得るという程度のことはしていました。私にとって一番有力な情報は、人脈からの情報でした。「ウチの会社今、業績伸びてるから自社株を買ったんだ。」とか、「ウチの社長は志が高いから、人から信用される。」というような具体的な銘柄の情報から、政治・経済・金融・世界情勢などの知識はほとんど人脈から入ってきていました。(インターネットが普及していなかった時代だったので) むかしは大金がないと投資はできなかったので、みんな非常に慎重に情報収集をしていました。それでも損をしたり、最悪借金までして投資し、生活保護になってしまった人までいました。今は、誰でも気軽に少額から投資をできるようになったぶん情報収集をせずに損をする人が増えているように感じます。 ■伝説は、しょせん伝説にすぎない 元手100万を2億にした「伝説のトレーダー」なんていうのもいましたが、そういう人はまずパソコン4台くらいを並べて、一日中、ごはんとお風呂とトイレの時間以外は寝る時間も惜しんで株価を追っているような人です。そして、その時も、とある企業が桁の入力を間違えた誤発注の一瞬を捉えた、本当に数十年(数百年?)に一瞬あるかないかの出来事でした。つまり「伝説」と言われるくらい、そんなに儲かることはないということです。 もとの投資額が数十万程度なら、最悪、半分以下に減っても数十万の損失で済みますが、損を取り戻そうと、そこで投資をやめないともっと大きな損失を出すことにもなりかねません。 ■損をしたくない人ほど、損をする 私はギャンブルをやらないのですが、ギャンブルで大損する人は、「ここまで儲かったからもっと儲けたい。」とか、「ここまで損をしてしまったから、損を取り戻すまではやめたくない。」と引き時を決断できない人だそうです。私自身も、私の周囲でもそうですが、暴落しそうな銘柄は大暴落する前のちょっと損をしている段階で売るというのが、長年投資をしている人たちの常識でもあります。どっかの銘柄である程度儲けて、どっかの銘柄である程度損失を抑えてプラスマイナスをプラスにするというのが投資の常識で、一般にいう「リスク分散」というものです。逆にいうと、絶対に1円も損をしたくないという人は「損をしたら取り戻せるまで引くことができない。」という、資産運用で大損をする典型的なタイプなので投資はやめておいたほうがいいでしょう。 元手が少ない人は、ある程度損をした段階で「自分は投資に向いていない。」と割り切って、自分のお金を稼ぐ能力を高めるために資格を取るなどの、自分への投資に切り替えたほうが絶対に安全で確実です。株で失敗した損失は確定申告で「雑損」として計上して控除できる場合もあるので、それで控除してもらって高い授業料だったとけどいい勉強になったとあきらめましょう。 ■お金で安心は買えない 私自身も投資は東京オリンピックが始まる前までと思っているので、その後の収入確保のために管理栄養士の資格を目指しています。現在の世界の金融事情は、いつ、お金が紙くず同然になってもおかしくないくらい不安定です。最近、財政破綻した国はアルゼンチン、ギリシャ、アイスランドなどが有名ですが、実は日本でも人口が少なく経済が活発でない都道府県、市町村が次々と財政破綻しています。私がよく覚えているのは「夕張市」の財政破綻。その頃、ワイドショーでもニュースでも、ず~~っと夕張市の財政破綻のことばっかりやっていたので、すごく覚えています。日本の人口は1億3000万から4000万人まで減ると予測されています。人口が1/3以下に減るわけですから、経済や金融も劇的に変わるのは必然的で、今現在一個100円のパンが一個1億円になるようなスーパーインフレがきてもおかしくないくらい日本の財政は危機的状態。 国内で財政破綻した地方自治団体は下記のURLでご覧になれます。 http://ichiranya.com/politics_economy/033-fiscal_bankruptc.php 私が管理栄養士になるためには数百万かかりますが、これは自分自信、しいては家族全体の利益への投資になると夫婦ともども認識していますし、歳をとっても条件を選ばなければ確実に収入を得られる国家資格なので夫も協力的です。日本が財政破綻したり、人口が減って治安が悪くなったりしたら外国への移住も考えているので、やはりどこの国でも通用する専門的知識を身につけたいです。私の周りでは、このままでは老後の生活が危ないと30代・40代で看護師・介護福祉士の学校に行ったり、薬剤師のような国家資格を取るために大学に行ったりする女性が増えています。自分のお金で行く人もいますし、親や親せきに借金していく人もいます。親友は40歳を前にして、社会福祉士(福祉系大学卒業なので受験資格は、すでに持っている人です。)になるべく、介護の世界に飛び込みました。これは私と同じように世界の金融の体制が崩れ、お金に価値がなくなることを不安視した動きだと思います。投資をしながら金融が信用できないというのは矛盾した話ですが、まあ今は投資にはいい時期ですが、将来的には世界の金融事情はどうなるか分からないという意味です。