節約

私のお気に入り商品

年下の男がかわいくてしょうがなる時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bouz花を持った男子 老後のために貯金をしている人に残念なお知らせという記事を書いた3日後に、 「池上彰」さんの特番で、この記事と全く同じ内容が放映された。 今現在の日本の、政治・経済的に一番恐ろしい問題は、 借金が多すぎて財政破綻寸前ということと 人口が減りすぎて経済・市場が縮小して日本人全員が貧乏になること そして、この勢いで日本の人口が減ったら1000年後には日本人はいなくなる ということ。 そんなことは、ちょっと新聞を読んでいる人たちなら知っていることだ。 だが、うちの夫はぽーっとした人。一緒にテレビを見ていた夫に 「あ、これ、この前、ママのブログで書いたよ。」と私がいうと、 「あ、俺も見たー。くるみちゃんてホントすごいねー。  何がすごいって、くるみちゃんがブログで書いたことを  池上さんがテレビで言ってるっていうのがすごいー!!」 と、本気で感心してくれるくらいうっかりした人なのだ。 bouzウサ干し竿 このブログ、実は夫も読んでいる。そして、夫はニートだったとか、 収入ほぼゼロだったとか、私がやしなっていたとか、 私がやしなってる時に毎月毎月、ウン十万の浪費をしてくれて その恨みはまだ消えていないとか、私が貯金をはたいて学校にいかせたとか バンバン書いてる。それなのに、 「くるみちゃんのブログって本当におもしろいねーー。」とか 「今日のくるみちゃんのブログ、感動した!!」と、怒りもせず、 本気で言ってくれるような、器の大きい、いい人なのだ。 (ネットで匿名だから書いてるだけ。リアル社会で夫の過去の過ちをペラペラ喋ったりはしない。) 人生に行き詰まって、人生の一時期くらい ニートになって引きこもったっていいじゃないか! 無収入や低収入の自分にがっかりして落ち込んだっていいじゃないか! ただ、逃げるだけ逃げて、自分の置かれていた場所や立場や状況が いかに小さくて狭くて選択肢が少なかったかということに気づいたら、 大きくて、広くて、選択肢の多い世界に飛び出して、 自分のやり方で、自分や人様を幸せにすればいいじゃないか! というエールを込めて、夫の過去の悪行三昧を書いているのだが、 自分の旦那さんのことを、そんなふうに書くのはどうなの?というお叱りは あまんじて、受けよう。(夫は現在、正社員で経済的自立を果たしております。) 親子ごめんね 私のように理屈っぽくて、男のプライドをズタズタに切り刻んでしまうような女は これくらいすごい人でないと、扱い切れなかったとおもう。 うっかりした夫よ。結婚してくれてありがとう。

精神病に対する無理解と偏見

節約ブロガーさんの記事にこんな記事を見つけた。

大学卒業後に就職先がなく、大学院に行ったが、
それでも就職先がなく、スーパー系のアルバイトしか
働ける場所がなく、ひどい「ヒステリー」になったというお話。

これ、私の見解でいうと精神病の「気分障害」が始まっている。
職場の人は、一刻も早く職場や親に通報して、精神科に行かせたほうがよい。
でないと、「うつ病」「そううつ」「統合失調症」など
どんな病気にすすむかわからん。本当に(しろうとじゃ)分からんのだ。

気分障害、適応障害の段階で止めてやらねば、完治不能になるかもしれない。

だが・・・・・こちらで書いたように、精神科に対する偏見は強い。
そして、知識を持っている人も少ない。

だれもが、これくらいのことなら、
その子の「性格」や「一時的な気分の変化」というふうに誤認するうえに、
「精神科にいかせたほうがいい。」などと、その子の親に教えようものなら
その子の親も「うちの子が精神病だというのか!!」と怒るかもしれない。

私はこんなとき、
「いやー、精神科っていうとね、いやな病気っていうイメージがあるかもしれないけどね、皇室の「雅子」さまでさえね、「適応障害」っていう精神科の病気になってるからね、だれでもなる病気なんだよ~。で、雅子さんも治療してるじゃん。そんで、それをおおやけにしてるじゃん?だから、恥ずかしい病気じゃないんだよー。」と、説得する。

それでも、だめなときもあるが、そういうふうに言うと、
家族を精神科に連れて行く決心のできる家族もいる。

まあ、正直、怒る人のほうが多いが、私は精神病の知識がある以上
見て見ぬふりはできない。怒られるの覚悟で、
「あなた、精神科に行ってみない?」とか
「あなたの娘、精神科に行かせてみない?」と言ってみる。
そして、玉砕する。親しい人物は怒りはしないが、やはり、どこかで
「精神病」は恥ずかしい病気だ。だから、自分の娘に
精神病の病名をつけられたくない、と思っているのだ。

どんなにリベラルで、人様の精神病には寛容な人でさえも、
自分の娘となると病名をつけられたくないのだ。
うすうすは、娘は精神病の領域なのかも…と思っていてもだ。
なんやかんや、屁理屈をこねて連れて行かない理由を作って説明してくれる。
そして、治療が遅れる。そして、取り返しのつかないところまで進む。
そういうケースは、できるだけ見たくない。

職場で、周りの人が「どうしたんだ?」と思うくらいのヒステリーってことは
家の中では、暴れて(暴力をふるって)いてもおかしくない。
一番大きな被害を受けていて、一番状況が深刻なのは家族だから
家族を説得するのが、一番、はやい。

まれに、私の言うことに耳を傾けてくれて、
病院に連れて行って、のちのち、お礼を言ってくれる人もいる。
私としては、一人でも多くの人に「精神病は初期で食い止めてほしい」と
思っているので、こちらがお礼をいいたいくらいだ。その、ご家族の勇気に。

まえにも、ちらっと書いたが、精神病になりかけている本人は
病院に行きたがらない。家族が無理やり連れて行くしかない場合が多いのだ。

最近は「精神病」が治るか治らないかで、一番重要なことは
「早期発見」だと言われている。じゃあ、その「早期」というのは
どういうのか?

上記のように、ちょっとヒステリーがひどくなってきた、
ちょっと、やることに、つじつまの合わないことが多くなってきた、
ちょっと、口数が減って暗い顔をすることが多くなった、
だが、日常生活に何ら大きな問題や変化をおこしていない。

これくらいのレベルで「早期発見」できれば、精神病は完治しやすい。

就職活動をきっかけに、精神疾患になり、さらにそれをこじらせて、「うつ病」の
末期症状である「自殺思念」が出て、20代で自殺した友人が2人いる。
一人は飛び降り、一人は電車への飛び込み。二人とも心臓発作で死んだことになった。
発病から「死」までは1年程度だった。病気の進行は意外と早い。

一刻も早く節約ブロガーさんの記事に出てきた「その子」が、精神科で
治療を始められるようになることを、祈るばかりだ。 

【参考記事】精神病の正しい知識

ネットの情報はウソが多い

まあ、私の知りうる知識層の間では「インターネット」の世界の情報は
嘘が多いということで有名だ。私自身もそう思っているし、私自身も
自分の勘違いから間違った情報を流しているかも知れれない。
や、ホントのことものってるよ。ただ嘘が混ざってる割合が多いというだけ。

所詮、しろうとの知識の寄せ集めだから、仕方がない。
本当の情報が集まり安いのは、当然、各分野の「学会」。
で、本当の本当のことを見つけた人たちはノーベル賞をもらったりする。
ちなみにウィキペディアというネットの百科事典も
その道の専門家から言わせれば1割~2割はウソが混ざっているらしい。

また、本屋の書籍も最近は嘘が多い。今の時代、正直だれでも本を出版できるのだ。
逆に、その道で有名とされる専門家は
自分の本業が忙しすぎて本を書いている暇などなかったりする。

例えば、脳外科の手術で「神の手」と呼ばれているような医師は
手術で一人でも多くの人を救わなければなかったり、
(自分が死んだ後のことも考えて)若手を育てるために奔走していたりする。
また、人気すぎて世界中からオファーが来るので
世界中に手術に出かけていたりするので、本なんか書いている暇はないのだ。

■アパート経営を断念した話

30代くらいに私にアパート経営をしないかという話が来たことがある。
ちょっと、条件がそろっていたので話にのりそうになったが
私は石橋をたたいて渡る方なので、当然書籍やインターネットで
無茶苦茶調べた。だが、調べれば調べるほどつじつまが合わないことが増え
本やネットの情報はあてにならんと踏んだ。
(なので私の記事も30%くらいは疑ってほしい。これ本気で。)

そして、やはり最終的に役に立つのはリアル人脈。
リアルでは、お互いに名前や会社名を名乗った時点で
間違った情報の提供や責任の持てない発言はできない。なぜなら人として
社会人としての信用を失い、会社での地位を失ったり、
自営業なら会社が潰れるからだ。

私はハウスメーカー5社の人に「建物を建てることの表と裏の話」を聞き、
建築現場の作業員をやっていた知人から「建築現場のすごい現実」を聞き、
最終的に地元で信頼のある税理士の人に「アパート経営の表と裏」を聞き、
マンション経営をしている友人、2人から裏話を聞いたのも思い出し、
アパート経営なんてするもんじゃないと、判断した。

そのとき使わなかったお金は、そののち夫を学校に行かせるお金にできたし、
多少の蓄えはやはり、心の平穏につながる。

あのとき貯金を頭金にはたいて、ローンという借金に身を投じていたら
どうなっていただろうかと思うと怖い。
いろんなブロガーさんの記事を読んでいると、家を買った人で
「家なんか買うんじゃなかった。」と後悔している記事も結構多い。
詳しくはこちらのカテゴリーで。

家くらいでそう感じるのだから、アパートなんて建ててたら
どんだけ後悔していたんだろうと思う。
あのとき各分野の専門家や、現場の人の声をちゃんと聞いておいてよかった。

みなさんも、人生で何かしら大きな変化を起こそうとしてる時は、
必ずリアル社会で名乗り合ってから、
その道の専門家の話を聞いてからにしたほうが良さそうです。

コツは、最低でも10人くらいから話を聞くこと、
人数が少ないと、その人の思い込みや勘違いで間違った情報が混ざっていたりする。
たくさんの人から話を聞くことで、「別の人の話」との矛盾を見つけることができ、
質問することができる。
「え、前聞いた話だとこうだったんですけど、違うんですか?」的なことね。
こういった、一人ひとりの話の矛盾を突いていくことで
正しい情報へとみちびいてゆけるのです。まぁ、取材みたいなもんですね。

「メリットだけでなく、デメリットも教えて下さい。」とか
「お願いだから、(表に出せないやばい話的な)本当のことを教えてくれ!」
と懇願するのも有効。

金融関連の本当の情報については後日

●子供を4年生大学に入れたい親達へ

私はにほんブログ村というランキングサイトに登録しているのだが、
最近、このサイトに不具合が多い。

これにかかわらず、アメリカでの「タカタ」のエアバッグ問題や
国内で売られているその他もろもろの商品の品質が
明らかに下がっていると感じている。

貧乏人の恋人「業務用スーパー」なので、私も結構お世話になっていたのだが
もともと食道楽なので、味の変化はよく分かる派。そして、ちょっともう
口にするのが怖いレベルまでの味になってきたので、別のスーパーに乗り換えた。
「業務スーパー」さん、今まで企業努力で安く食べ物売ってくれてありがとう。
そして、さようなら。的な感じ。

こんなことが起こるのは、こういうこと。

■学生全体(特に大学生)の学力が下がっている
「9―3÷1/3+1」(1/3は、3分の1)の答えは? ある大手自動車部品メーカーが、高卒と大卒の技術者の新入社員をテストしたところ、正答率は4割にとどまった。中部経済連合会が3日に発表した、ものづくりの競争力についての提言に、能力低下の事例として盛り込まれた。(中1の一番最初の頃の数学)

つまり、ブログ村のエンジニアも含めて、学力が下がっているのだ。
だから、変なもん作ってすぐ壊れる。まあ、サイトのシステムぐらいならいいが
車や飛行機のエンジニアのレベルが下がると、当然死亡事故も増える。
で、実際さがってるから商品のレベルもさがってる。

優秀な人材を輩出するには、学力に達しない学生は「留年」させるしかない。国立はこれがやりやすい。国民の税金で運営しているから。だが、私立だど学生の親の学費と寄付で運営する。しかも少子化で経営が厳しい。だから、あそこの大学はすぐ留年するらしいなんてなったらそもそも学生が集まらないから、潰れる。だから、学力の低い学生を入学させて学力の低いまま輩出する。
(私立は大学の理念しだい。慶応は中学から「留年」させるらしい。
 だから、そういう私立大学は学力がたもてるし、企業からの信頼が厚い。)

そして、その子たちは就職先がない、あるいは就職ができても仕事についていけず
専門学校に行きなおす。なんて話もよく聞く。2回も学校に行かせるとなったら、
すごい金額だよ?だから、度を越して学力の低い大学に行かせるくらいなら、
国家資格系の専門学校に行かせたほうがいいと思う。

読者様に、軽めの裏情報。最近は大手企業ほど
「日本人の大卒は学力が低いから。」と外国で就職説明会を開いて、
外国人を採用して日本に連れてきている。現地採用もね。
ので、子供はとりあえず大学に行かせとけば大丈夫とはいかない。

私の周囲のエンジニアたちの職場にも中国人、インド人のエンジニアが増え
日本人エンジニアの地位が脅かされているらしい。

中国人、インド人は「日本で一旗あげる」と野心をもってくるので
自ら望んでブラックな働き方をする上に、母国語(中国語or英語)と日本語を
最初からビジネスレベルで話せる。さらに多く生まれて、多く死ぬ国の中で、
生き残った遺伝子なので、もともと、体が丈夫。なので連日徹夜でも働ける。そして、
母国よりちょっと高い基準の給料でいいから、コストは日本人より安くてすむ。
だから、英語を話せない日本人エンジニアなんかは、給料が下がり
エンジニアを続けさせてもらえるかどうかさえわからない。それが、現場の本音だ。

正直、こうなってくると、日本人が勝てる要素がないo(;△;)o
そして、日本人はお客様センターの電話オペレーターとかの仕事に左遷されるのだ。

日本語ペラペラだからね~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

ま、これも10年前の話。今はインドネシア人とかマレーシア人が人気。