【電気代節約】トイレ・廊下の照明はセンサー式にしています

電気代の節約法の一つとして、消し忘れをふせぐという方法があります。
どんなに、注意深くしていても、考え事をしていたり、
残念ながら老化の影響などで、
うっかり電気のスイッチを切り忘れることがあります。
そんな、うっかりミスで電力を消費しないために、
我が家では廊下とトイレの照明はセンサー式のものにしています。
人感センサー電球1
真ん中の丸い部分がセンサーです。
人感センサーなので、人がセンサーの下を通ると、
明かりがつきます。
そして、人がいなくなる、あるいは人の動きがなくなったと感じたら、
数秒後に自動的に明かりが消えるのです。
denkyu3
さらに、こちらは人感センサー搭載のLED電球ですので、
白熱電球や、蛍光灯と比べても、ずいぶん電気代の節約になります。
センサー電球2
小さな電球ですがこのように、充分に明るいです。
トイレに入ったと同時に照明がつき、諸事情により(笑)長い時間滞在すると
スーっと消えてしまい、
用を足しているのに照明が消えてしまう場合があります。
その場合はセンサーの真下当たりに、ささっと手をかざせば
また自動的につくので大丈夫です。
我が家の場合は電気代節約のため、長時間滞在の場合は
電気が消えたままふんばっていたりします。
そして、用が終わった立ち上がれば自動的に明かりがつくので
電気が消えていた時間分、節電になっていたりします。
この電球を付ければ、人の出入りを感知して
自動でスイッチをオンオフしてくれるので、
いちいちスイッチで電気をつけたり消したりしなくてよいので
特にトイレ使用時などは、むやみにスイッチに触らないということで
非常に衛生的でもあります。
このように、消し忘れの多い場所の照明を
人感センサー付き照明に替えるだけで
ずいぶんな電気代の節約になるのです。
お値段は、だいたい1000円~2000円程度。
今なら、楽天市場で買えば980円で買うことができます。
試しに、おひとつお買い求めになってみてはいかがでしょうか。

遮熱カーテンで冷暖房費が激減*安くて高機能な遮熱カーテン

女の子3人組
ゴミ袋で遮熱カーテンを作りましたの記事で書いたように、
涙ぐましい努力をして節電をしている我が家ですが、
カーテンは、吟味に、吟味をかさねた結果、
ニトリさんの「リュクス」シリーズで統一しました。
全ての窓を遮熱カーテンでおおう前は、窓際あたりに座ると
ひんやりした空気がただよい、足元もスースーしていました。
お金がないからと、安いカーテンを使っていたので、
布地の折り目から小さな光が差し込んでくるような
薄く、目のあらい素材で作られたカーテンを使っていたのです。
遮熱カーテンというものがあると知って、
早速、近くのニトリに偵察に行きました。
すると、遮熱だけでなく、遮光、遮音など色々な機能を
同時にそなえた商品があって、ビックリしました。
はすの葉
中でも、私は、遮熱を重視したので「リュクス」シリーズを
選んだのですが、なんと断熱効果率は60.6%。
つまり、太陽光の熱を60%も、さえぎってくれるのです。
逆に、保温効果率は32.6%で、
冬は暖房熱の30%を部屋から逃がしにくくするのです。
このカーテンは生地に特徴があり、
表地は部屋の中の空気を逃がさない構造になっており、
裏地は外気をシャットアウトするしくみになっているのです。
さらに、自宅の洗濯機で丸洗いができるうえに、
形状記憶加工がなされているので、洗っても、
美しいドレープがくずれることがありません。
しかも、遮光率が99.99%(人の顔の表情が識別できないレベル。)で、
室内のプライバシーも守られますし、夜勤などで昼間に眠るので、
カーテンを閉めたら、真っ暗になる環境が必要な方には、
とても便利です。
実際に、ニトリの店舗で記事の質感も確かめました。
生成り(きなり)のような、しっとりとした素朴な質感で
早速、家に帰って、楽天市場ニトリ店で、購入しました。
とても、よいお買い物ができて、満足しています。
ベージュライン
【まとめ】
・断熱効果率は60.6%、外気をしっかりシャットアウト。
・保温効果率32.6%で、室内の温度をしっかりキープ
・自宅の洗濯機で丸洗いができる。
・形状記憶加工で、洗ってもヒダがとれない。
・遮光率が99.99%で、しっかり光をさえぎる。
ベージュライン
遮熱カーテンをお探しの際は、遮熱以外の性能も含めて、
トータルで品質の高いものを見つけたいものですね-☆
■私が買ったのは、ニトリの、このカーテンシリーズです。