節約

私のお気に入り商品

楽天ポイント攻略チャート

今まで楽天カードで買い物の支払いをすれば
いかにお得かを書いてきましたが、
「具体的に色々調べるのは面倒。」という方のために
楽天カードでお得にポイントを貯めるためのチャートを作ってみました。

だまされたと思ってこのチャートどおり登録して、
1年間ポイントを貯めてみてください。
結構な金額になるので、びっくりされる方もいらっしゃるかもしれません。

■私が1年でどれくらい換金しているかは→
■何故、楽天カードなのかは→コチラ




【1】楽天カードを持っていない。⇒まずはこちらで楽天カードを作りましょう!

【2】楽天カードを持っている。⇒⇒コチラで楽天カード払いに変更しましょう。

 上記のホームページから登録できるのは、ほんの一部です。


【3】*カード払いできる公共料金一覧
   *カード払いできる生活費一覧
  これら全てをカード払いの契約に切り替えましょう。
 

これだけの手続きでも充分お得なのですが

さらにお得に楽天を利用したい方は
下記の手続きも行っておいてくださいo(^▽^)o

mat珈琲POT黒

【4】楽天銀行の口座を作る。

楽天銀行口座開設はコチラでどうぞ-☆
 ↓ ↓ ↓


楽天銀行から、楽天カードの支払いを引き落とすと
毎月最大9ポイントが還元されます。

また、獲得したポイントを「楽天キャッシュ」に交換できる場合もあり
ほぼ換金できるに等しい状態になります。

その他にも不用品を楽天オークションで売る時などに
楽天銀行に口座開設しておくと非常に便利です。


【5】ゆうちょ銀行の口座を開設する。

◎「ゆうちょ銀行から入金」の手続きをする。⇒説明はコチラ-☆

預金残高の少ない預金者に冷たい最近の銀行サービス。。

ATMからの出入金、振込み、振り替えなど
預金残高の少ない人は有料だったりします。

楽天銀行もATM・振込み・振り替えは
諸条件を満たさないと無料にならないので
上記の「ゆうちょ銀行からの入金」の手続きをしておくと
預金残高0でも無料で楽天銀行に入金できるようになります。

⇒詳しい説明はコチラ-☆



【6】後はコチラで書いたように払えるものは
  とにかく楽天カードで払うようにしてみてください。
  数ヶ月後にはちょっとしたお小遣いができてますよ-☆


matマフラーかば


今なら5000円分のポイントがもらえるので
とりあえずお作りになられてはいかがでしょう?
(ちなみに、私が作った時のボーナスポイントは2000円でした・・・)

  ↓     ↓     ↓

 

ノーベル賞受賞者にみる報酬の少なさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mat船頭単体 ■庶民から大金を巻き上げないからね…日本は… 「これじゃぁ、困る」と始まったのが、消費税。まあ妥当っちゃ妥当。で、まあ優秀な人がかせいだお金を、庶民が巻き上げる割合は減りましたね。それでも安っすい給料で日本に残ってくれる各分野のリーダー達も少なくありません。命をけずって庶民のために(+仕事が恋人&生きがい的な…)、諸外国から見たら「そんな安い給料でよくリーダーなんていう苦しいことやってられるね?」みたいな安っすい給料で働いてくれてます。 日本企業の利益率の低さ、日本の学者の研究費の少なさ、日本の雇われ社長の給料の少なさは世界でも驚かれるくらいです。それだけ、良質な品や知識やサービスを、格安で提供してくれてるわけです、えらい人たちがね。自分のもうけ(かせぎ)をけずってね。まあ、そうでない企業も出てきてますが、自分が必死に働いてるんだから、高い給料をくれ!っていうのも妥当っちゃ妥当。 bouzウサ水草 ■ノーベル賞受賞者にみる報酬の少なさ ノーベル賞の中村さんも青色発光ダイオードの技術を開発したあと、報酬が少なすぎて、(正確には特許問題ね。)怒って勤務先をやめてアメリカに行っちゃって、開発させてくれた元の勤め先に、「開発した人にも権利を!」と訴訟を起こしましたからね。その時のニュースもよく覚えてます。個人の利益か?社会の利益か?と、考えたのを覚えています。(でもそんな単純でうすっぺらい話ではないと分かったのは大人になってから)研究屋と企業家で、意見が分かれるでしょうね。確かにアメリカで青色発光ダイオードを発明していたら数十億か数百億円か、もっとか、もらえてたかもね…とは思います。たぶん、当時日本企業のサラリーマンだった中村さんは数十万か、多くても数百万のボーナスがもらえた程度なんじゃないかなぁ。まあ、訴訟を起こす気持ちが分からなくもない。(和解して8億円?だったかな?費用を差っぴくとだいぶ減るだろうけど。) bouzかじったりんご ■お金のために裁判をおこしたわけじゃないと思う 一応、書いておきますが、お金が欲しくて訴訟を起こしたんじゃないと思うんですよね。研究費がほしかった、しいてはもっと良い研究をしたかったんだと思う。理系の研究って、すぐ10億円とかかかっちゃうんじゃない?ノーベル賞クラスは。そんで、蓮蓬さんとかが「無駄な税金だから予算を減らすべき」とか、言っちゃうからね~研究費のことを…。お金が足りなさすぎて(特許問題も含めて)、まともな研究ができなくて怒ってたんだじゃないかと思います。特許収入で得られたお金を「研究費」にまわすのは、わりと研究職では常識なので、個人の報酬としてもらえるわけじゃないんですよね、これが。日本の研究者って、金策で走り回る人が少なくないんですよね。研究したいのに、お金がなくて色んなとこに交渉に行ったり、頭下げたりする時間を結構とられるってことね。だから、研究に専念できる環境のあるアメリカに、優秀な人材が逃げやすいのかと。アメリカでは、金策は大学とか政府とか企業がやってくれるんでしょうね、たぶん。 ■まとめ 結局、えらい人たちをねたんだりせずに、素直に感謝や尊敬をして庶民は庶民なりにえらい人を支えてあげるほうが、自分も幸せだし、社会にもいい影響があるかも。どのえらい人を応援するかを、ちゃんと調べてからね…。私も身近で「社会貢献のために頑張ってるな~」と思える人や会社に、寄付とか投資とか(結局、お金で済ますダメ人間)はちょびっとだけしてます。夫は体を使うボランティアね。ひとりひとりの庶民が、そういうことをすれば、いい国になるかもね~。 【関連記事】あなたは本当に貧乏ですか?

税金が80%でも日本に住みますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mat船頭単体 ■漠然とした理由で貯金をするのも日本人特有かと 私個人としては、「老後に備える」という漠然とした理由で貯金するのも日本人特有の考え方かと感じます。人は何のために節約をするの?【手段の目的化】でも書きましたが、外国の人は車を買いたいとか、家を買いたいとか、身近な「目的」があって貯金するんですよね。逆に、目的がないと全く貯金しなかったりしてね~。私も日本人なので無目的な貯金もなくはないので、そんなに貯金がなくて、よく不安にならないね~とは思ってました。ですが、外国の人って「食えりゃいいんじゃね?」とか「お金なんか、働きゃ手に入るんじゃね?」みたいな感覚だったしてね。お金が欲しい時しか働きにこなかったりね…教育の高くない人たちはね…もう、むちゃくちゃ。 諸外国の多くは一部のお金持ちが、ガッツリ庶民のお金を巻き上げるので、庶民は貯金できるほどのお金をもっていないのが理由の一つかも。 草むしり ■優秀な人材の苦悩 これはおそらく30年前ぐらいから言われているのですが、日本は「世界で一番の社会主義国」と思われてます。世界の知識層からは。高度成長期はお金持ちは65%~85%だったかな?それくらい税金を取られてました。1億かせいだら8500万円税金ね。1千5百万円残ってるんだから、それでいいでしょ?という考え方。あと、毛皮・宝石・家電・車とか、ぜいたく品とみなされたものは「物品税」をかけられてました。あと、庶民でも、一回、一人頭3000円以上の食事をしたら(ファミレスでも居酒屋でも)、やっぱり、贅沢税みたいな形で(名前忘れた)税金を取られていました。他にもいろいろあったような気がするけど忘れた。ちょっとでもぜいたくできる人は税金を徴収しますよ。そしてそのお金は庶民のために使いますからね、ということです。(道路作ったり、電柱立てたりも含めてね) ■日本は庶民や貧乏人に優しい国 日本は庶民がお金持ちから、ガッツリ巻き上げる国だったんです。ですが、それのおかげで自分の仕事を正当に評価されたい優秀な人たちは、みんな外国、特にアメリカに行っちゃって、日本から優秀な人材が消えてゆきました。医者、学者、芸術家、良心的な企業家etc.とか、かなり報酬は少なめだったかと、昔は。だけど、戦時中とか戦後を体験してる人が当然多かったので「でも、自分は恵まれているほうだから。」と我慢してくれてる人も多かったのでしょうね。それがいいのか、よくないのかは私には判断がつきませんが。 これじゃあ困ると…つづきは近日公開

節約が苦しいと感じたら

…にお金を使いきって死にたい派です。

前回の記事人は何のために節約するの?「手段の目的化」をご覧になってからどうぞ-☆


草むしり


■節約が苦しいと感じたら

「節約することが苦しい」と感じたら、
まずは「目的」「目標」を明確にすることが大切です。

・10年後の自分、20年後の自分、死ぬときの自分が、どうでありたいかを年表にして書き出します。書くと自分の人生の長さが目に見えるので、今、どのぐらいの地点にいるか自覚できます。
・そして、自分の目標を達成するには今日、一週間後、一ヵ月後、一年後に何をするべきかスケジュール手帳に書き出して、意識しながら実行します。(なまけるときもあるけど、やめないことが大切。)


考え中


■時間軸、自他の幸福を中心に

【1】「生まれる→生きる→死ぬ」の時間軸で考える。

 節約をしていても、お金が少なくても「心」まで貧しくならないためには上記のように「目先のお金」ではなく、「時間」を中心に物事を考えることが大切。人生には限りがあるから、大切に生きようと感じることが肝要かと。



 実は、昨年、私の知人が4人も亡くなりました。50代が2人、60代が2人。日本の平均寿命は男女とも80代ですが、だからといって、誰しもが80代まで生きられるわけではないのだと、当たり前のことなのに、愕然としました。知人のお母さまも、節約のためと、添加物の多い安い練り物や、農薬や成長促進剤の使い過ぎが問題になっている中国産の野菜などを買っていたせいで、がんになったのではないかと、知人は言っていました。


【2】自分だけじゃ、幸せになれない

人間、自分自身が幸せなだけでは、つまらないし、楽しくありません。人の気持ちに共感したり、自分の幸せを人におすそわけしたり、そういうことも含めて幸せだと思います。自分の幸せをわが事のように喜んでくれたり、自分の不幸をわが事のように悲しんでくれる人がいたほうが幸せかと…家族でも友達でも、ご近所さんでも職場の人でも誰でもOK。(相手を吟味してから、自分の苦しみを打ち明けることをおすすめします。)逆もまたしかり。人の気持ちに寄り添えれば、いいことあります。たぶん。


bouzかじったりんご


うちは、貧乏でも人と関わるボランティアに夫だけ行かせてます(笑)私は体力ないので、わずかな体力でかせいだお金を少しだけ寄付派(お金で解決するダメ人間派)だったんですけど、私も体を動かさざるを得ないとこまできちゃったんで、今後の人生は「窮屈だけど、身勝手に生きたな…という後悔の少ない人生」になる予定。やりたいほうだいやって、早め(30~50歳)に死ぬだろうと友人も私自身も思っていたのに、なんか意外と(満足して)生きてるミラクル。人生は何が起こるかわからないですね。一人暮らしの「いつ死んでも、大丈夫」的な気楽さがないのはちょっと窮屈。でも、「家族を守る」「社会貢献する」という責任感は重くて苦しいけど、なんかエネルギーになるのもミラクル。


お皿少女と猫


■おすそ分け

私は、友人知人からいただきものをした時、大家さんにおすそわけしています。
関東のちょーーーー人口過密地帯で「賃貸住まい率」がはんぱない地域で
こういうド田舎スタイルをつらぬくと、すごく大家さんに優しくしてもらえます。
たぶん、大家さんと行き来してるのは、ウチのマンションでは私達だけかも。
(無料で修繕してもらってるのも私達だけ?どうなんだろ?そこんとこ…)

明らかに現金収入の少なそうな我が家が、ちょっと奮発してお金をつつんだり
贈り物をすると、それを超える勢いでお返しがきたりします…
「また~、お金持ってないくせにこういうことする~~。」みたいな
友人知人の愛情(同情)だと思って、素直にいただいてます。あは。

私も実はえらそうなことは言えなくて、「生きる目的」や「生きる希望」を
完全に見失ってたときはあります!(笑)都会に住んでて、
現金収入が極端に少なくなった場合、心がすさむ、心が荒れるのは
いたし方のないことかと。これからも、見失う時はあると思います。
そんなときの自分に読み返してほしい記事です。 The End