節約

私のお気に入り商品

友達だけどお金もらってます

■若い頃の苦労は買ってでもしろ!的な…

私自身は稼げる人間でもなければ地位も名誉も肩書きもない
おばあさん寸前のおばさんですが
私の学友や、元上司はそこそこの地位や名誉がある人たちもいます。

そういう人たちでも、若い頃はお金やその他もろもろで苦労していて
逆に、若い頃に無茶苦茶苦労した子ほど偉い人になっている気も…

そんな感じで、学生時代はお金がない。だから、お互いにただ働きしまくる。
「サークルの学園祭の準備を手伝って~」とか
「引越し手伝って~」とか、私なんか貧乏すぎてレンタカーするお金もなくて
リヤカーを大学から借りて、ほんとに人力で引越ししました。

リヤカー
知らない人のために… これがリヤカーです。


ちなみに私がリヤカーで引越ししたのは平成のはじめの頃の話。
すでに、すごく便利な時代。リヤカーなんて、ほとんど存在していませんでした。
テレビ局の時代劇担当の人がお金出してレンタルするくらいの代物。
よく、大学にそんなものが存在して、しかも借りることができたものだと
自分の運の良さに感心しちゃいますね。


■えらくなったもんだぁ~

私のような貧乏人は、同じような貧乏学生としか付き合いがありませんでした。
なぜなら、羽振りのいい子とは金銭感覚が違いすぎて、付き合う気にならないし
付き合っても、なんだかうまくいかなくなりました。(彼氏も友達もね…)

でも実は、家が貧乏なわけではない場合もあって
彼氏の実家に遊びに行ったら予想のほか立派ということも。
(この話を始めると長くなって話がそれるので、また後日…)

リヤカーをひっぱてくれた友達や、デートしても絶対に割り勘だった元彼も
若い頃に苦労したぶん、ずいぶん偉い人になってゆきまさした。
まあ、例えば国立大学の教授になったり、うーん私って口が軽いから
この辺でやめときますが、本当にえらくなった。
(私のような落ちこぼれもいるので、同じ大学を卒業しても
 全員が偉くなれるわけじゃないという現実…)

そんな人も含めて、お金や社会的な責任を持っている人たちって
人にただ働きさせないんですよね。
簡単に言うと、「時は金なり」の本当の意味を知っているということと
偉い人は「人様を、お金も払わずに働かせた。」なんてうわさをたてられると
大ごとというか致命傷になるので、必ずお金を払います。

なのに、自分はボランティアでただ働きしたりします。忙しすぎて早死にしそう…
(まあ、色んなしがらみがある場合もあるのでしょうが…)

グラス赤花


■友達だけどお金もらってます

40歳を過ぎていい大人になってくると
そういう友人達に何かのお手伝いを依頼されるときは、必ず
「ギャラ(時給・日給)は○○円でいい?」と聞かれます。
経営が大変で、ぱっとギャラの金額を決められない友達も
ずいぶん後になってからでも、必ず給料を振り込んでくれます。

だから、私もお金に余裕があるときは
割高でも、そういう友人たちの会社の商品を買ったり
経営しているお店に行ったり、
作品(映画・音楽・個展など)にお金を出すようにしてます。

mat生け花


■逆もね…

例えば、化学について分からないことは理系出身の人とかに
その専門分野について分からないことを教えてもらったりするわけです。
(もちろん、自分で勉強しても分からなくて本当に困った時。)

私はそういう時は、出来る範囲で謝礼を包んだり、
贈答品を贈ったりします。まあ貧乏ですから、たいした金額包めませんが
先方もウチが貧乏なのは知ってますから
「貧者の一灯」的なことで大目に見てくれます。(家庭教師代を払う感じ。)

先方の仕事やプライベートの愚痴を聞いたりもしますから、
気晴らしには貢献してるということで許してね…的な…
研究や仕事の時間をさいて、超一級の情報を教えてもらうわけだから
当たり前と言えば、当たり前。

そして、その業界の人にその業界の仕事をお願いするときは
こちらも給料を払います。家族・親戚・友達に関係なく仕事を依頼したら
お金を払うのが当たり前だと思う派です。

仕事じゃない場合は、無償の助け合いもしますよ。今だに…
特にお金に困ってる友達とは。ただ、お金の貸し借りはしません。

草むしり

人にただ働きをさせれば、自分もただ働きをしなければいけなくなるし、
人にただ働きをさせたのに、自分は相手のため労力を使うことや報酬をおしむと
たぶん、縁が切れるのではないかと思います。
自分はそう感じていなくても、結局は相手を利用していることになるからです。
先方は先方で仕事や生活の雑務で忙しいわけですから、
貴重なお時間を拝借するのであれば、
何かしらお礼をするというのが我が家の方針です。何年後になってもね…

無償で助け合っても、有償で助け合っても、損得勘定的には
平等なのでしょうが、そこにお金を介在させたほうが
「分かりやすさ」が生まれてくるので、
私は有償で助け合ったほうがいいと思う派です。
日本に住む限りは「労働力=お金」という構図が一番分かりやすいですものね。

人に有償で動いてもらったほうが、自分の利益も多いような気もします。

【関連記事】小保方さんの不運 

資産運用はちょっと時給のいいアルバイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
■楽してもうかるわけじゃない 素人さんの資産運用に対する誤解は、投資用の口座にお金を放り込んで適当な時期に売り買いすれば儲かると思っていることです。資産を運用するためには元手になるお金以外に、ほぼ毎日、数時間は情報収集・動向観察の時間が必要となり、それにともなう労力も絶対に必要となります。   私個人としては、この労力に対して得られる利益はちょっと時給のいいアルバイト(派遣)程度だと感じています。私は体調が不安定なので、断片的にしか株価や世界情勢をチェックすることができないということがあり、リスクの少ない商品にしか投資しないので、その程度しか儲かりません。ただ、外で働くようにまとまった時間を拘束されるということがないので私には便利です。 ■本物のトレーダーはそれが職業 短期的な投資で儲けようとする人たちをデイトレイダーと言います。そういうやり方でちゃんと儲ける人は、もともとの投資額が多いうえに、フルタイムの仕事以上に株価・為替(や先物)相場・世界情勢をチェックしなければいけなくなるので、もうそれが仕事のようなものです。 私自身は大した投資額ではありませんが、ちょっと知り合った株をやっている男性は「バブルの時にウン億つっこんで、バブルがはじけて半分以下になっちゃったよ~。」と笑っていました。本格的に儲けている人たちの投資額はこれくらいということです。 また、私の周囲で感じたことは、本当は儲かってない人ほど「株で儲かった!!」とまわりに吹聴し、本格的な投資家の人ほど損をした時の話しかしてくれないということでした。 (私自身も資産運用していることは、口の堅い2~3人にしか話していません。) 要するに、株で儲かったと吹聴する人の話は、話半分に聞いておくべきということ。本格的に長期に投資する人は得をするときもあれば損をするときもあるという心構えがあるので、儲かった時にいちいち周囲に「儲かった!儲かった!」と浮かれてしゃべったりしないのです。 ■ビギナーズラックでもうけた人は後に大損する確率が高い 若い頃に、素人同然なのに株で儲かって、外国に島を買ったなんて言っている人の話を鵜呑みにして私に投資の相談をしてきた友達がいましたが、私としては 「そもそも、それ本当の話?」というふうに聞いてしまいました。 もし、その話が本当だったとしても、そういうタイプの人は数年後には大損をしてしまったと言う話を本人以外の人から聞くことが多いです。これは非常に特徴的なことですが、素人で投資に一時的に成功した人は、そのあとに大損したことをしゃべりません。大体、誰かが株で大損した話は親族や近しい友達などから漏れるもので、損をした本人は周りに「儲かった!儲かった!」と自慢してしまった手前、恥ずかしくてその後大損したことをしゃべらないのです。 というわけで、株ですごく儲けたという人の話をうのみにしないことも大切です。 ■読者様に感謝の気持ちをこめて NISAがちまたで騒がれていますが、はっきりいうと100万円しか投資しないのであれば、情報収集する労力に対しての利益はものすごく少ないです。さらに、もともと多くない貯金をもっと減らすことになりかねないので金利のよい銀行に預けたほうがいいと思います。 今回の株価上昇は長くても東京オリンピックまで。それまでの間も乱高下があるでしょうし、また大きな災害が起こったり、経済や政治の情勢が急に変わったら暴落するという可能性もないわけではないので、撤退の時期を見誤らないように注意深く動向を観察した方がよいでしょう。 いつも読んでくださっている読者様に感謝の意味で 金融市場からの撤退のサインの一部をお教えします。 ・日銀が国債を買うのを止める。 ・アメリカが0金利政策をやめる。 私自身はこの2つのうち、どちらかが起こったら すぐに一旦、金融市場から資産を撤退させる予定です。

お金が紙くずになる時代が近いかも

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■情報源は意外と身近にある 私が株を始めた当時でも、資産運用をしている人は最低限の経済・金融の知識があり、一般紙を数紙と日本経済新聞を毎日読み、ネットのない時代ですから会社四季報という会社情報誌を買ってリサーチをし、あとは人脈で情報を得るという程度のことはしていました。私にとって一番有力な情報は、人脈からの情報でした。「ウチの会社今、業績伸びてるから自社株を買ったんだ。」とか、「ウチの社長は志が高いから、人から信用される。」というような具体的な銘柄の情報から、政治・経済・金融・世界情勢などの知識はほとんど人脈から入ってきていました。(インターネットが普及していなかった時代だったので) むかしは大金がないと投資はできなかったので、みんな非常に慎重に情報収集をしていました。それでも損をしたり、最悪借金までして投資し、生活保護になってしまった人までいました。今は、誰でも気軽に少額から投資をできるようになったぶん情報収集をせずに損をする人が増えているように感じます。 ■伝説は、しょせん伝説にすぎない 元手100万を2億にした「伝説のトレーダー」なんていうのもいましたが、そういう人はまずパソコン4台くらいを並べて、一日中、ごはんとお風呂とトイレの時間以外は寝る時間も惜しんで株価を追っているような人です。そして、その時も、とある企業が桁の入力を間違えた誤発注の一瞬を捉えた、本当に数十年(数百年?)に一瞬あるかないかの出来事でした。つまり「伝説」と言われるくらい、そんなに儲かることはないということです。 もとの投資額が数十万程度なら、最悪、半分以下に減っても数十万の損失で済みますが、損を取り戻そうと、そこで投資をやめないともっと大きな損失を出すことにもなりかねません。 ■損をしたくない人ほど、損をする 私はギャンブルをやらないのですが、ギャンブルで大損する人は、「ここまで儲かったからもっと儲けたい。」とか、「ここまで損をしてしまったから、損を取り戻すまではやめたくない。」と引き時を決断できない人だそうです。私自身も、私の周囲でもそうですが、暴落しそうな銘柄は大暴落する前のちょっと損をしている段階で売るというのが、長年投資をしている人たちの常識でもあります。どっかの銘柄である程度儲けて、どっかの銘柄である程度損失を抑えてプラスマイナスをプラスにするというのが投資の常識で、一般にいう「リスク分散」というものです。逆にいうと、絶対に1円も損をしたくないという人は「損をしたら取り戻せるまで引くことができない。」という、資産運用で大損をする典型的なタイプなので投資はやめておいたほうがいいでしょう。 元手が少ない人は、ある程度損をした段階で「自分は投資に向いていない。」と割り切って、自分のお金を稼ぐ能力を高めるために資格を取るなどの、自分への投資に切り替えたほうが絶対に安全で確実です。株で失敗した損失は確定申告で「雑損」として計上して控除できる場合もあるので、それで控除してもらって高い授業料だったとけどいい勉強になったとあきらめましょう。 ■お金で安心は買えない 私自身も投資は東京オリンピックが始まる前までと思っているので、その後の収入確保のために管理栄養士の資格を目指しています。現在の世界の金融事情は、いつ、お金が紙くず同然になってもおかしくないくらい不安定です。最近、財政破綻した国はアルゼンチン、ギリシャ、アイスランドなどが有名ですが、実は日本でも人口が少なく経済が活発でない都道府県、市町村が次々と財政破綻しています。私がよく覚えているのは「夕張市」の財政破綻。その頃、ワイドショーでもニュースでも、ず~~っと夕張市の財政破綻のことばっかりやっていたので、すごく覚えています。日本の人口は1億3000万から4000万人まで減ると予測されています。人口が1/3以下に減るわけですから、経済や金融も劇的に変わるのは必然的で、今現在一個100円のパンが一個1億円になるようなスーパーインフレがきてもおかしくないくらい日本の財政は危機的状態。 国内で財政破綻した地方自治団体は下記のURLでご覧になれます。 http://ichiranya.com/politics_economy/033-fiscal_bankruptc.php 私が管理栄養士になるためには数百万かかりますが、これは自分自信、しいては家族全体の利益への投資になると夫婦ともども認識していますし、歳をとっても条件を選ばなければ確実に収入を得られる国家資格なので夫も協力的です。日本が財政破綻したり、人口が減って治安が悪くなったりしたら外国への移住も考えているので、やはりどこの国でも通用する専門的知識を身につけたいです。私の周りでは、このままでは老後の生活が危ないと30代・40代で看護師・介護福祉士の学校に行ったり、薬剤師のような国家資格を取るために大学に行ったりする女性が増えています。自分のお金で行く人もいますし、親や親せきに借金していく人もいます。親友は40歳を前にして、社会福祉士(福祉系大学卒業なので受験資格は、すでに持っている人です。)になるべく、介護の世界に飛び込みました。これは私と同じように世界の金融の体制が崩れ、お金に価値がなくなることを不安視した動きだと思います。投資をしながら金融が信用できないというのは矛盾した話ですが、まあ今は投資にはいい時期ですが、将来的には世界の金融事情はどうなるか分からないという意味です。
  • 【開始当初】au wallet(エーユーウォレット)キャンペーン

    
    ■auユーザー必見!必ず3,500円がもらえます
    
    先日、au携帯・スマホの利用料のポイントが
    auIDかauウォレットに登録していないと貯まらなくなっている
    と書きましたが(詳細は→「auポイントがもらえない!」で)
    実は今、auウォレットの新規登録者獲得のため
    怒涛のキャンペーンが開催されています。
    
    簡単に言えば、6月30日までにauウォレットに申し込んだ人は
    もれなく3,500円分以上のチャージがauウォレットで受け取れる
    キャンペーンです。
    
    
    ■夫婦二人で作れば7,000円分もらえる
    
    この3,500円はもれなくもらえるというところがミソ。
    なので、夫婦でauを1台ずつ契約している場合は
    夫と妻の2台ともauウォレットカードを作れば
    もれなく7,000円分のチャージをもらえる計算です。
    
    さらに、さらに、1014年12月31日までに
    じぶん銀行からチャージした金額の5%が還元されるというキャンペーンも。
    
    
    ■キャンペーンチャージの内訳
    
    mat水玉ライン茶
    
    ●申し込むだけで1,000円
    6月30日までにauウォレットカードを作れば
    あらかじめ1,000円がチャージされたカードが手元に届きます。
    
    期間:2014年5月8日~6月30日23:59までに申込分に限る
    対象:au WALLET カードをお申し込みされたお客さま全員
    
    mat水玉ライン茶
    
    ●au WALLET (初回)チャージキャンペーン
    初めて(1回目)のチャージに限って、チャージした金額の10%が
    翌月にプレゼントチャージされます。
    
    注1-初回チャージ上限額はauかんたん決済の場合20,000円
    じぶん銀行、クレジットカード、auショップの場合25,000円です。
    (ですので上限いっぱいの25,000円をチャージした場合
     10%の2,500円が翌月プレゼントチャージされる計算です。)
    
    期間:2014年5月21日〜9月30日23:59まで
    対象:6月30日23:59までにau WALLET カードにお申し込みの方
    
    mat水玉ライン茶
    
    ●じぶん銀行口座から5,000円以上のau WALLET カードへのチャージ(入金)で
    チャージ金額の5%を増額。
    (10万円チャージすれば5000円がキャッシュバックされる計算)
    つまり、au WALLET(初回)チャージキャンペーン(終了)とあわせると15%が増額されます。
    
    期間:2014年5月21日~12月31日
    対象:期間中に1回につき5,000円以上をじぶん銀行口座から
       au WALLET カードにチャージされたお客さま
    
    ちなみに下のボタンからハピタス(ポイントサイト)に入会すると30円、
    ハピタスを通して「じぶん銀行」の口座を作ると50円の合計80円がもらえます。こちらも終了しております。
    
    mat水玉ライン茶
    
    ●さらにさらに、6月30日までにauウォレットに申し込めば
    抽選で10,000名に40,000円があたるキャンペーンも。
    
    mat水玉ライン茶
    
    キャンペーンの内容がすごすぎて申込者が殺到しているので
    「カードが届くまでには1ヶ月以上かかるかも」とのことでした。
    そりゃ、これだけのキャンペーンだとみんな飛びつきますよね(笑)
    
    
    ■大手企業は広告費がすごいですね…
    
    やっぱり大手企業は広告キャンペーンのばらまき作戦の規模が違いますね~。
    そして、そういうキャンペーンにまんまと乗ってしまう庶民の私。
    ちょっと何かの手続きをしただけで無料でお金(ポイント)や物品がもらえるような
    豊かな国に住めて本当に幸せだとつくづく思う今日この頃なわけです。
    
    auウォレットキャンペーン■公式ホームページ はこちら-☆
    
    http://www.au.kddi.com/au-id/au-wallet/pr/campaign/