節約

私のお気に入り商品

稼げ(働か)ない夫とその妻と娘

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    【甲】稼げない夫を責める妻。 お父さんが稼げな(働かな)くて 「お母さんはお父さんのせいでものすごくお金に苦労したから  お金持ちの人と結婚しなさいよ。 (安定した収入の人と結婚しなさいよ)」と娘に教えた母親 【乙】夫が稼げないなら私が稼ぐと働く妻。 お父さんが稼げな(働かな)くて 「お母さんはお金でものすごく苦労したから  (お父さんを引き合いに出さないのがミソ)  自分自身で食えるだけの技能を身に着けなさいよ。」と娘に教えた母親 当然すぎる結果ですが 【甲】の母親を持った娘は、他罰的(何でも人のせいにする)な娘になり 【乙】の母親を持った娘は自立心が強く一人でも生きていける娘になります。 お金に苦労した母親が、その経験から何を学び何を子供たちに残すのか。 将来、子供を幸福にするか不幸にするかは 親が人生の中で何を学んできて、何を教えたかということなのだと思います。 ■子供は見てる お父さんが働かない(薄給・破天荒)ために お母さんがものすごく苦労をしている姿を子供は見ています だから、お父さんが働かないせい(薄給・破天荒)でこうなったなんてことは わざわざ口に出して言わなくても子供は痛いほどわかっているのです。 そんな状況でも、お父さんの悪口を絶対言わないような母親だと 子供はお母さんを尊敬するようになります。 うっかり、お父さんの悪口(愚痴)を言ってしまうような母親だと 「いくらなんでも、そんな言い方しなくてもいいじゃん!」と お父さんをかばう娘に反撃を受けたりします。 娘としては、お父さんがかわいそうという側面もあるでしょうが 「憎しみや怒りをあらわにして  父親の悪口(愚痴)を言い続ける母親の醜い姿」 しいては人としてのあり方に怒りを覚えるから、母親を攻撃するのです。 娘は自分の母親に完璧であってほしいと思うものです。 それなのに、鬼の形相で父親の悪口を言っていたとしたら ものすご~く暗い顔でぐちぐちと愚痴をこぼしていたとしたら そんな醜い母親であってほしくないと 母親に全力でぶつかってくるものなのです。 自分の「血を分けた父親の悪口」を聞かされ続けた子供は 自分の血統を悪く言われている、つまり自分を否定され続けている という状態におかれているのです。 ですから夫と離婚をせず愚痴や悪口を言い続けるくらいなら さっさと別れて、お母さんが元気に笑っているほうが 子供はすくすく育つというのが私の周囲の統計データです。 (ちなみに日常的に暴力を振るう夫とは即刻離婚してください。  母親が父親に殴られている姿を見て育った子は高い確率で精神を病みます。  愚痴や悪口を言う言わないの問題ではありません。暴力を見せること自体がダメ。) ■母親を責めることのできる娘はまだまし 上記のように、人の悪口を言っている母親に嫌悪感を抱けるような子はまだ賢い子で 母親の洗脳がひどいと、 「お父さんのせいでこうなった。」 「私こそは、お金持ちと結婚して、お母さんを楽にさせてあげなければ。」 となってしまいます。 もう、そうなるとこの娘は、男を金づるとしか思わなくなります。 だから、夫の給料が少なかったり下がったりすると 夫を責め続けてノイローゼ気味にさせ、もっと稼げない男にしたり 夫の給料が下がるたびに離婚して、収入の多い男性に乗り換えたりします。 こういう娘たちは一生満足できません。 誰かが何かをしてくれることを一生待ち続けて 誰もそれをかなえてくれないから。 自分自身で「自分の道を切り開く喜び」を知ることがないから。 お金があっても心が貧しいと幸せにはなれないとよく言われるが 心が貧しいとはどういうことでしょうか? ほめられた経験が少なすぎて自分に自信がない。 親の育児放棄・過干渉・ゆがんだ愛情のせいで常に愛情に飢えている。 目標が高すぎて達成感を持てない。(自信がないから失敗する準備をする) このサイクルをぐるぐる回っているということです。 苦労の先には、何かをやり遂げたという達成感と自信 そして、それを支えてくれた人たちへの感謝の気持ちが生まれます。 一生、その感覚を味わえない母親と娘。 かわいそうなことです。
  • 主婦のへそくり平均額と6000万円の貯金

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    2014年5月24日執筆 うちはお金がないから切り詰めてるのよ。 という話になっているA子さん。 色々話しているうちに「黒糖さんだから言うけど…」と 切り出されました。 実は、家賃13万円のおうちに住んでいて 旦那さんのお小遣いも月に10万渡しているとのこと。 彼女は元銀行の窓口のおねえさんで 株や為替のことをよく知っているので 資産運用で老後の資金も貯金済みとのこと。 (株式運用の話でかなり盛り上がったけど  たぶん、投資額の桁が違うと思った:笑) 「老後の資金て6000万円って言われてるから  それくらいの金額貯められるか心配だなぁ~。」 と私と話をした後に、老後の資金は潤沢にあると言っていたので 6000万円以上は持っているのだと思います。 先日、テレビで主婦のへそくりはいくらか?という特集をやっていて 主婦のへそくりの平均額は400万円とのこと。 世間では、1世帯の貯金額の最低ラインは年収一年分と言われています。 例えば年収300万円のおうちなら300万円は貯金しておいた方がいいし 年収700万円のおうちなら700万円を貯金しておいた方がいいということです。 そう考えると日本の主婦の貯金平均額は理想的なラインかなという気がしました。 (まぁ、平均値はしょせん平均値にすぎないのですが…) ネパール人(インド人だったかも)の男性に言われた一言が 今でも忘れられない一言になっています。 100ドルを持っている人には、100ドルの問題があり 1万ドルを持っている人には、1万ドルの問題がある。 という言葉です。 私はあまり固定観念をもたないタイプなため、色んな人に 「黒糖さんだから話すけど…とか、黒糖さんにだけ話すけど…」 というような形で世間の裏の話を聞くことができるタイプ。 最初の話にもどりますが、A子さんは家賃13万円、夫のこづかい10万円で 老後の資金も6000万円以上持っていますが、旦那さんが定期的に 数千万~数百万円のお金のトラブルを起こしている という裏話をA子さん自身から聞きました。 地元でもお金持ちで有名なおじいちゃんは 株で数億円の含み損を出しているという裏話を本人から聞きました。 年収200~300万円の世帯だと 数万円~数十万の急な出費や数百万の借金のトラブルの話が多いです。 色んな人から、こういう話を聞くにつれ あのネパール人の人が言っていた通りなのだな~と思うのです。 こういう話を私に話してくれる人はみんな 大抵、かなり悩んでいるからそこ打ち明けてくれたというケースが多いので 私はこういう打ち明け話を聞いたときは、必ず 「そういう話、よく聞くよ~。」と返事をします。 そうすると、それまでピリピリしていたその人の顔が みるみるゆるんでゆくのです。 みんな、自分のおうちだけが「特殊な金銭的な問題」を抱えている、と 思い込んでいるので、「みんなそうだよ。」と容認してあげると 「な~んだ、うちだけじゃなかったんだ…」と安心するのです。 隣の芝生は青いとはよく言ったもので、 自分の庭を青くするかどうかは、自分しだいなのだなとよく思います。