良質節約生活。

老いとともに…

ららさんちの調味料*シマヤのこんぶだしの素

f:id:akzk:20200914182516j:plain

 だしの素と呼ばれる顆粒のおだしは様々な種類が販売されています。だしの素と言えば「和風」のおだしのことを指すと言えるでしょう。中華などで使うおだしは「中華だし」「鶏ガラスープの素」などと呼ばれるので、一般的に「だしの素」と呼ばれるのは和食に使うおだしのことです。

 昆布のおだし、かつおのおだし、かつおと昆布を混ぜたおだし等々、本当に様々です。私自身は昆布だしを使うことが多く、かつおだしを使うことはほとんどありません。

 様々なお料理にだしの素を使う時、かつおだしはお魚の風味のパンチがききすぎて、素材の味を楽しめなくなってしまう気がしてしまうからです。昆布だしはどんな素材と合わせても、素材の味を消すことなく共存してくれる気がして、私は昆布だしばかり使っています。

 私の普段使いの昆布だしの素は「シマヤのこんぶだしの素」です。私のブログで「だしの素」と書いてある場合は、この「シマヤのこんぶだしの素」のことを指しています。

 だしの素はどれでも同じような味でしょ?と思うかもしれませんが、意外とメーカーや製品によって味が違います。

 特に格安のだしの素は、多く使ってもらうためか塩分が少なめにしてあって、量をたくさん入れないと塩味が感じられないようにできていたりします。私自身は間違って、格安のだしの素を買ってしまった場合は、塩味が足りないので、そのだしの素に少しだけ塩を足して味を調整していました。

 塩分控えめのだしの素に塩を足すことを考えると、少々割高でも「塩味とだしの味のバランスの良い」だしの素を買おうと思い、「シマヤのこんぶだしの素」に行きつきました。

 昆布や鰹節できちんとお出しを取るようなお料理をしたいところですが、貧乏な虚弱体質ですので、節約とズボラのお料理を作ってばかりです(;´Д`)ですが、インスタント食品や出来合いの食品を食べるよりは相対的に健康に良いであろうことを願って、ズボラご飯を作り続けているのです。