良質節約生活。

老いとともに…

どうして私は貯金ができないの?*貯金ができる考え方

f:id:syufuz:20190524182013g:plain

 かつての私自身も含めて、

「貯金ができない人」の考え方には

ある、初歩的な間違いがある場合が

多いように思います。

 

どこがどう間違っているのかを

シリーズで書いてゆこうと思います。

 

【1回目】は収支の基本です。

 

貯金できない人の多くが、

お給料をある程度使ってから、

残ったお金を貯金しようとします。

 

これが、そもそも

「貯金のできない人の行動」なのです。

 

??? 何を言っているの?

と思われる方も多いと思います。

 

f:id:syufuz:20190524182126g:plain

 貯蓄をするための考え方の基本は

 

 収入-支出=貯蓄ではなく

 収入-貯蓄=支出 なのです。

f:id:syufuz:20190524182126g:plain

 

つまり、お給料をもらったあと、

生活費を使って、

残ったお金を貯金しようとすると、

貯金するお金が残ってなかった

ということになりやすいのです。

 

給料をもらったらすぐに

貯金するお金を

貯蓄口座に入れてしまったり

定期預金に入れてしまい

お金をおろすのが面倒な状態

にしてしまうのがおすすめです。

 

よっぽどのことが起きない限り、

使えないような状態ににしておきます。

そして、手元に残ったお金で生活すること。

これで確実に貯金ができます。

 

 

f:id:syufuz:20190524182340j:plain



 

私が一人暮らしの時に、

1ヶ月に10万円貯金していましたが、

上記の方法をとっていました。

 

先取り貯金をするまでは、

給料をもらってしばらくは

使わないで我慢できても、

ちょっとくらい使ってもいいかな…

とか

頑張った自分へのごほうび!

などと自分に言い訳をして、

 

多めにお金を使ってしまい、

毎月の目標貯金額の

10万円に到達しない月も

あったような気がします。

 

人間、給料日前に

自由になるお金が残っていると分かっていて

使わないでいられるほど強くないのだと思います。

 

特に仕事で疲れていると

判断力が鈍り、

「もういいや

ご飯作るのが面倒だから

外食しちゃえー」

なんて感じになることもありました。

 

私のように意志が弱く、

計算が苦手な方には

この先取り貯金をおすすめします。